ラン食

30キロ走直前でもできればやっておきたいエネルギー補給

今日3月8日(日)、セカンドウィンドAC四日市も参加する四日市ランニング協議会では30キロ走を雨でも開催予定です。

四日市ランニング協議会・30キロ走について詳しくはこちら

IMG_2599

長い時間・距離を走り続ける事となる30キロ走では、途中お腹が減ってきがち・・・

・・・ですが日常からバランスの取れた食生活をおくっていらっしゃる方であれば、30キロでエネルギー切れを起こす方はほとんどいらっしゃいません。

・・・とは言っても「30キロ走など長い距離を走ると、いつも途中で身体に力が入らなくなる・・・」というランナーは結構多くいらっしゃって、そういう方々には対策が必要になってきます。

 

ランニングで大きなエネルギーとなるのは、先日の「30キロ走前日におススメのプチカーボローディング」の記事でも書かせていただいたとおり糖質。

この糖質はご飯などの炭水化物に多く含まれていて、走る直前にいつもより多めに炭水化物を摂っておくだけでも、じゅうぶんなエネルギー切れ対策につながります。

ただし炭水化物は食べ終わってから、身体の中で消化し切るまでに2〜3時間ほどかかるため、できれば練習の3〜4時間前には食事を終えておく必要があります。

・・・が「朝からそんなに食べられない・・・」という方は多くいらっしゃるはずです。

 

そんな方におススメなのが、練習30分前からバナナ、あるいは直前にエネルギーバーやゼリーなど消化のいいものをこまめに補給しておく事による糖質補給。

a1130_000116

これらのものであれば、比較的すぐ身体の中で消化されるため、消化不良による腹痛などの心配はそれほどありません。

また給水ボトルの近くに置く、もしくはランパンのポケットやポーチなどにあめやチョコレートなどを入れておいて、走っている途中も定期的にエネルギー補給を行っておく事も、エネルギー切れ対策につながります。

 

2月の今の時期に30キロ走を実施される方は、できればレース本番に自信をつけられるよう、満足の行く走りで仕上げを行っておきたいところ。

そんな満足の行く走りができるよう、レース本番同様に万全のエネルギー切れ対策を打って30キロ走にのぞむ事は、事前対策としてはかなり有効な手段と言えそうです!!

関連記事

  1. レース後のダメージから回復するために心がけたい食事時の3つのポイ…
  2. フルマラソン3日前からの食事で心がけたい3つのポイント
  3. フルマラソンレース本番での給水で心がけたい4つのポイント
  4. 貧血予防とスタミナアップに必要不可欠な「鉄分」
  5. レース直前期から当日の万全のエネルギー補給のために知っておきたい…
  6. 故障や風邪予防に大切な役割を果たすビタミンC
  7. ビタミンCを積極的に摂る事で得られる3つのマラソンにうれしい効果…
  8. マラソンを走りきるための丈夫な身体を作るために重要な4つの栄養素…

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP