ラン食

30キロ走直前でもできればやっておきたいエネルギー補給

今日3月8日(日)、セカンドウィンドAC四日市も参加する四日市ランニング協議会では30キロ走を雨でも開催予定です。

四日市ランニング協議会・30キロ走について詳しくはこちら

IMG_2599

長い時間・距離を走り続ける事となる30キロ走では、途中お腹が減ってきがち・・・

・・・ですが日常からバランスの取れた食生活をおくっていらっしゃる方であれば、30キロでエネルギー切れを起こす方はほとんどいらっしゃいません。

・・・とは言っても「30キロ走など長い距離を走ると、いつも途中で身体に力が入らなくなる・・・」というランナーは結構多くいらっしゃって、そういう方々には対策が必要になってきます。

 

ランニングで大きなエネルギーとなるのは、先日の「30キロ走前日におススメのプチカーボローディング」の記事でも書かせていただいたとおり糖質。

この糖質はご飯などの炭水化物に多く含まれていて、走る直前にいつもより多めに炭水化物を摂っておくだけでも、じゅうぶんなエネルギー切れ対策につながります。

ただし炭水化物は食べ終わってから、身体の中で消化し切るまでに2〜3時間ほどかかるため、できれば練習の3〜4時間前には食事を終えておく必要があります。

・・・が「朝からそんなに食べられない・・・」という方は多くいらっしゃるはずです。

 

そんな方におススメなのが、練習30分前からバナナ、あるいは直前にエネルギーバーやゼリーなど消化のいいものをこまめに補給しておく事による糖質補給。

a1130_000116

これらのものであれば、比較的すぐ身体の中で消化されるため、消化不良による腹痛などの心配はそれほどありません。

また給水ボトルの近くに置く、もしくはランパンのポケットやポーチなどにあめやチョコレートなどを入れておいて、走っている途中も定期的にエネルギー補給を行っておく事も、エネルギー切れ対策につながります。

 

2月の今の時期に30キロ走を実施される方は、できればレース本番に自信をつけられるよう、満足の行く走りで仕上げを行っておきたいところ。

そんな満足の行く走りができるよう、レース本番同様に万全のエネルギー切れ対策を打って30キロ走にのぞむ事は、事前対策としてはかなり有効な手段と言えそうです!!

関連記事

  1. ランニング消費カロリーを計算するために大切なメッツ指数
  2. 明治「コルディアFe」
  3. コーヒー(カフェイン)がマラソンレースに及ぼすいい効果と悪い効果…
  4. マラソンで重要な食事が担う3つの役割
  5. ランナーの大敵「スポーツ貧血」を予防する5つのオススメ食材
  6. 足つり対策に最適のスポーツドリンクは?
  7. フルマラソン5〜7時間完走目標の方がエネルギー源を枯渇させないた…
  8. 夏場のランニングでつらい時は暑さだけでなく「スポーツ性貧血」が要…

SWYからのお知らせ

最新記事

マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?

レースが近づけば近づくほど、どんな練習をしていいか分からない・・・マラソンレースが近づけば近づくほど…

11月25日(土)開催・四日市市市制120周年記念 四日市リレーマラソンに参加しませんか?

大阪マラソンの前日となる11月25日(土)、霞ヶ浦緑地公園四日市ドームをメイン会場に開催される、三重…

10月21日(土)の練習会場所を伊坂ダム周回コースに変更します

セカンドウィンド四日市にて10月21日(土)に実施予定の練習会、当初の予定では南部丘陵公園北ゾーンで…

頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?

日曜日のマラソンレース出場やきつい練習を実施した方が、火曜日ごろにやってくるのが筋肉痛。筋肉…

10月22日(日)霞埠頭3km周回コースにて30km走を実施します

10月も早いもので半ばを過ぎ、これから多くのセカンドウィンド四日市メンバーの方が、フルマラソンに挑戦…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP