ここ最近の記事でいろいろとポイントをご紹介させていただいている30キロ走ですが、実施の際かなり大切になってくるのが走るコース。

このコース選択を誤ると、せっかく長い時間かけて練習したにもかかわらず、最小限の効果しか得られなかった・・・という事にもなり得ます。

特に今の時期、フルマラソン本番に向けて実施する30キロ走では、信号などで止まらず、給水などを除いてできれば立ち止まらずに実施できる車の通らない周回コースで実施したいもの。

そこで今回の記事ではレースの仕上げとなる30キロ走を実施するのに適した、三重県四日市市の主要周回コースを紹介していきたいと思います。

●スポンサードリンク
 

中央緑地公園・2.015キロトリムコース

四日市市で30キロ走と言うとまず最初に名前が挙がるのが中央緑地公園。

この公園のトリムコースは比較的フラットで、給水もとりやすく、またランナーやウォーカー向けに舗装された路面もあり、着地の衝撃を和らげてくれるなど、初心者の方にも優しいコースと言えます。

IMG_2599

さらに200mごとに距離表示もあってと、ペースを把握しながら30キロ走を実施できる点も大きなポイントと言えます。

IMG_2606

走っているランナーも多く、周囲にランナーが走っている環境で刺激を受けながら走りたいという方にもおススメのコースと言えます!

 

伊坂ダム周回3.6キロコース

中央緑地公園とならぶ主要四日市のランニングコース。

この周回コースはアップダウンがかなりキツく、初心者の方にかなり厳しいコース。

IMG_2975

またこのコースでは距離表示がなく、またアップダウンが多いため、ペースを一定に保つのはかなり厳しく、ペースを把握するための30キロ走には適さないコースと言えます。

ただしアップダウンが多く負荷が高い分、心肺機能や脚筋力強化には最適。

また景観の美しさでは四日市屈指のランニングコースと言え、またランナーやウォーカーも多いため、中央緑地公園同様周囲からいい刺激をもらいながら走る事ができます。

 

霞ヶ浦緑地公園 3.5キロトリムコース

四日市市の隠れた30キロおススメコースと言えるのが霞ヶ浦緑地公園の3.6キロコース。

このコースは極めてフラットで、直線コースが長く、気持ちよくペースを作りながら走る事ができます。

ただし風の影響をかなり受けやすいため、強い向かい風が吹く時のキツさは、フラットコースのわりにはかなりのものになります。

IMG_2539

また500mごとに距離表示もあり、ペースをこまめに確認しながら走るにも適したコースと言えます。

IMG_2541

そんな30キロ走に適したコースであるにもかかわらず、なぜか走っているランナーはかなり少なく、一人でマイペースに30キロの距離を刻みたいという方には最適のコースと言えます(笑)

 

 

以上のように四日市市内のおススメ30キロコースを3カ所今回の記事では紹介させていただきましたが、どのコースで実施しても、レースの最終仕上げにじゅうぶんな充実した走り込みが可能!

複数回30キロ走を実施する余裕のある方は、ぜひ走り比べをしていただいて、自分にとってベストの30キロ走コースを見つけていただければ幸いです!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事