• イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日

本日2月8日(日)開催予定だった四日市ランニング協議会の30キロ走は、雨天のため2月11日(水)に延期となりました。

四日市ランニング協議会・30キロ走について詳しくはこちら

IMG_4854

 

●スポンサードリンク

 
フルマラソン前にできれば1度は実施しておきたい30キロ走ですが、長い時間・距離を走る分、当然身体への負担は大きく身体に大きな疲れを残す事となります。

レース本番に疲れを残した状態でのぞんでは、せっかく今まで練習した成果を発揮する事はのぞめず、大きな後悔を残す事となってしまいます。

 

そこで30キロ走を実施するのは、どんなに遅くなってしまってもレース本番2週間前までが鉄則。

30キロ走と負荷の高い練習を実施した後の疲労を抜くには、最低でも2週間はかかると言われています。

・・・なのでできれば3週間前に仕上げとなる30キロ走を、レース目標ペースに近いペースで走る負荷の高い練習をしておくのがベストと言えます。

そしてその後2週間は疲労を抜きつつも、ペースを上げて走るスピード練習重視のメニューに切り替え、直前の1週間を調整にあてるのがおススメと言えます。

 

ただし忙しくてなかなか思うように走り込めず、結果的にレース2週間前に実施しておきたいという方は、レースペースより少しペースを落として練習の負荷を落とす事が重要となってきます。

ペースを落として負荷を下げておけば、疲労回復までの時間は軽減する事が可能となってきます。

・・・とは言っても、どうしても2週間前にレース目標ペースで走っておいて本番のリハーサルをしておきたいという方は、30キロでなく20〜25キロと距離を少し減らしてのペース走にとどめておいた方がよさそうです。

 

以上のように30キロ走を実施するタイミングについて書かせていただきましたが、フルマラソン本番1ヶ月前から一番意識すべきポイントは、レース本番に向けていかに疲労を残さず万全のコンディションで本番を迎えるか!

レース本番直前になると不安ばかりが増えてきて、つい必要以上に練習をしたくなる衝動に駆られる方は多いかも知れませんが、本番でベストの走りをするためにも、特に本番2〜3週間前からは疲労具合を確認しながらのトレーニングを心がけていきましょう!!

 

スポンサードリンク




関連キーワード
ランニングの関連記事
  • (会員限定)Tランニング・1kmクルーズインターバルのペース目安
  • フルマラソンで結果を出すためのスピード練習「クルーズインターバル」
  • フルマラソンに向けて一度は実施したい「40kmLSD」の練習効果
  • (会員限定)Iランニング・400mインターバルのペース目安
  • スピードと最大酸素摂取量向上などの重要な効果が見込める400mインターバル
  • ランニングでの着地はミッドフッド着地が正解?
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事