サブトレ

速くなる体幹トレーニング「BCT」

SWAC四日市の定期練習会ではランニング前もしくはランニング後に体幹トレーニングを実施するようにしています。

20130608_111714

その体幹トレーニングメニューのベースとなっているのが、今年の箱根駅伝で優勝した日体大が実施している体幹トレーニング「BCT」。

このBCTを実施したことで日体大は昨シーズン故障者がほとんど出ることなく、しかもかなりの強風が吹いた今年の箱根駅伝の厳しいコンディションもものともしない身体を手に入れたとのこと。

そんなBCTは、まさにランニングのためにある体幹トレーニングと言えます。

そんなランナーのための体幹トレーニング「BCT」、今までの練習では

陸上競技マガジン 2013年 03月号 [雑誌]

に掲載されているメニューを参考にSWAC四日市定期練習会では体幹トレーニング実施していました。

この本でもそれほど不便することはなかったのですが、今後SWAC四日市の体幹トレーニングのメニューの改善を進めていくうえで、「もう少しBCTについて詳しく書かれたものがあれば・・・」と考えはじめていた矢先にこんな本が発売されました↓

速くなる体幹トレーニング (B・B MOOK 964)

 

この本に掲載されているメニューを見てみると、基本的な部分についてはほぼ同じなのですが、一部追加になっているメニューや改善されているメニューもありクラブの体幹トレーニングメニューづくりに役立つ内容が盛りだくさんでした!

特にここ最近はSWAC四日市メンバーにお尻周りの筋肉を使って走ることをよくアドバイスする関係で、お尻周りの筋肉を鍛える、スイッチを入れるメニューが必要不可欠と考えていたのですが、この本ではそのお尻まわりの大臀筋や中臀筋を鍛えるメニューもしっかり追加されていました。

 

これからレースシーズンが本格的に入っていく中でも、ただ走るだけでなく体幹トレーニングを継続的に練習に入れていくことで「怪我のしにくい身体づくり」、そして「身体全体のバネを使って走れる体幹づくり」は必要不可欠と考えています。

そういうわけでこれからさらにしっかりと速くなる体幹トレーニング (B・B MOOK 964)を読み込んで、レースシーズンに向けた実践的な体幹トレーニングメニューづくりを進めていきたいものです!

関連記事

  1. バランスボールトレーニングで骨盤まわりをしっかり動かせる身体をつ…
  2. 効率よく走るための腕振り習得に向けて!
  3. 体幹トレーニング「BCT」実施の際の「5つ」のポイント
  4. マラソンで筋力トレーニングが必要な理由
  5. あの青学大も実施している超短時間高効率メニュー「タバタ式トレーニ…
  6. マラソンで体幹を鍛える事によって得られる4つの効果
  7. 走る前のウォーミングアップにオススメの「動的ストレッチ」とは?
  8. レース中に起こりやすい「水中毒」とは?

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP