ランニング

夏場にこそ実施したい距離を短めに設定した「インターバル走」

今日よりのセカンドウィンド四日市の火曜夜練習会は従来の霞ヶ浦緑地トリムコースから練習場所を変更して、中央緑地公園・陸上競技場トラックで開催します。

IMG_2359

火曜夜練習会の練習メニューは「インターバル走」を中心としたスピード練習。

インターバル走とはレースペースより速いペースで走る「疾走期」と、ペースを落としてジョギングでつなぐ「緩走期」を交互に行うトレーニングです。

インターバル走は実際に行ってみるとよく分かるのですが、一人で実施するにはかなりきついトレーニングで、つい途中で心折れがちなトレーニングの筆頭格と言えるメニュー。

・・・がきつい分、大きな効果が期待できるトレーニングで特に心肺に大きな刺激を与えられる事から、心肺機能を強化するのに最も適したトレーニングと言われています。

 

そんな大きな効果が期待できるインターバル走ですが、セカンドウィンド四日市の7月練習会では「疾走期」の距離を短めに設定。

その分練習設定ペースを少し速めに設定する事で、スピード強化にも主眼を置いた練習を実施します。

 

今の時期は気温が高い分、筋肉もあたたまりやすく、身体が比較的によく動くシーズンと言えます。

ただし暑さで途中でバテてしまいがちなシーズンとも言え、長時間スピードを出して走り続けるのは困難で、後半にかけてグダグダな練習になってしまう可能性も結構高かったりします・・・

そこでスピードを上げて走る分、距離は短めに抑える事で、短い時間で効率よく走力アップを目指していきます。

また身体が比較的よく動く今の時期に速めのペースで走った練習を取り入れておくと、秋のレースシーズンに向けて自身のスピードを底上げでき、目標とするハーフマラソンからフルマラソンペースで走るのが楽に感じるようになるなどの効果も期待できます!

 

そんな多くの効果が期待できるインターバル走ですが、筋肉があたたまりやすい時期とはいえ、十分なウォーミングアップをしてからでないと故障のリスクが非常に大きくなります。

ただでさえ負荷の高いインターバル走、自主練等で実施する際でもウォーミングアップは念入りに行ってから実施して、効率よく走力アップにつなげていきましょう!!

swyokkaichi

swyokkaichi

投稿者の記事一覧

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。
所属メンバーは20代前半から60代まで、初心者からシリアスランナーまで走力もバラバラですが、フラットなつながりの中、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。
詳しくはこちら

関連記事

  1. スピードを出して走るための短時間高効率メニュー「ヒルトレーニング…
  2. オリンピック金メダリストも実施している高地トレーニングとはどんな…
  3. 東山公園と平和公園のダブル「一万歩コース」練習
  4. マラソンの基礎中の基礎練習「ジョギング」によって得られる4つの練…
  5. 最も効果的に有酸素能力を強化できる「マラソンコンディショニング・…
  6. LSD(long slow distance)で得られる3つの効…
  7. 平日の短い時間を利用して効果的に走力アップしたい方にオススメの「…
  8. リディアード式ヒルトレーニングに期待できる3つの役割

SWYからのお知らせ

最新記事

マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?

レースが近づけば近づくほど、どんな練習をしていいか分からない・・・マラソンレースが近づけば近づくほど…

11月25日(土)開催・四日市市市制120周年記念 四日市リレーマラソンに参加しませんか?

大阪マラソンの前日となる11月25日(土)、霞ヶ浦緑地公園四日市ドームをメイン会場に開催される、三重…

10月21日(土)の練習会場所を伊坂ダム周回コースに変更します

セカンドウィンド四日市にて10月21日(土)に実施予定の練習会、当初の予定では南部丘陵公園北ゾーンで…

頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?

日曜日のマラソンレース出場やきつい練習を実施した方が、火曜日ごろにやってくるのが筋肉痛。筋肉…

10月22日(日)霞埠頭3km周回コースにて30km走を実施します

10月も早いもので半ばを過ぎ、これから多くのセカンドウィンド四日市メンバーの方が、フルマラソンに挑戦…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP