ランニング

夏場にレースの適性ペースを把握していくのに最適な「ビルドアップ走」

今日7月8日よりセカンドウィンド四日市の水曜夜練習会は従来の中央緑地公園・陸上競技場トラックから練習場所を変更して、霞ヶ浦緑地公園トリムコースで開催します。

IMG_1820

水曜夜練習会の練習メニューは「ペース走」「ビルドアップ走」を中心にペースコントロールを重視した練習。

「ペース走」とは一定のペースを維持して走る練習、そして「ビルドアップ走」とはゆっくりめのペースからスタートして段階的にペースを上げていく練習です。

 

マラソンレースでは一定のペースを維持して走ることが、最も体力のロスを少なくし、効率的な走りにつながります。

・・・が適正なペースで走っていないと、思わぬ後半の大失速につながったり、思いの外余裕を残してのゴールとなって悔いを残すレースになりかねません。

 

セカンドウィンド四日市の水曜夜練習会での設定ペースのベースになるのは、ハーフマラソンの目標レースペース。

ハーフマラソンのレースペースは5〜10キロレースのように前半から心肺を追い込むような速いペースでもなければ、フルマラソンほど余力を残したペースで走るわけでもない、「きついけどある程度の余力も残っている」ペースで、すべてのマラソン練習のベースとなるペースと言ってもおおげさではありません。

そんなハーフマラソンの適性ペースを把握することができれば、フルマラソンや10キロレースなどのレースペースの目安になることはもちろん、インターバル走のような速いペースで走る練習などの設定ペースもある程度把握することにつながります。

 

そんなハーフマラソンの適性ペースを把握するために最も適した練習は、一定のペースを維持して走る「ペース走」。

・・・ですが今の暑い時期に前半からハーフマラソンの目標レースペースで長い距離を走りきるのは案外きつく、後半にかけて思わぬ失速にもつながりかねません。

 

そこでセカンドウィンド四日市の夏場のペースコントロール練習はゆっくりペースから徐々にペースを上げていくビルドアップ走が中心。

最初はフルマラソン目標レースペースを目安にすこし余裕のあるペースでスタートして、無理なく段階を踏んでペースを上げていって、後半はハーフの目標レースペースよりすこし速いペースまで上げていく事で、徐々に徐々に練習の負荷を上げていきます。

特に今の7月の時期はまだ暑さに身体が慣れきっておらず、いきなり負荷の高いペースで走ると身体に大きな負荷がかかり体調を崩したり、大きな故障につながったりのリスクもあります。

そんなリスクを軽減する意味でも段階を踏んで負荷を上げていけるビルドアップ走は、夏場に自分の適性ペースを模索する意味でも最適のトレーニングと言えます!

 

そんなビルドアップ走ですが、段階を踏んでペースを上げるのは意外と難しく、特に初心者の方はついつい急ピッチでペースを上げてしまったりとペースをコントロールするのが難しいメニュー。

そうならないためにも一定の距離ごとに時計を見る習慣づくりや、ペースメーカーと一緒に走ってもらうなどで、徐々にペースアップしていく感覚を今の夏場の時期にじっくりとつかんでペースコントロール能力を自分のものにしていきましょう!!

swyokkaichi

swyokkaichi

投稿者の記事一覧

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。
所属メンバーは20代前半から60代まで、初心者からシリアスランナーまで走力もバラバラですが、フラットなつながりの中、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。
詳しくはこちら

関連記事

  1. ランニングタイツは3つのタイプから目的に合わせて購入するのがオス…
  2. レース1週間前の週末にオススメの10キロペース走+1キロ刺激走
  3. 出雲駅伝優勝の「青山学院大学」に学ぶ長距離トレーニング
  4. 頑張ったマラソンレース翌日にやっておくべきこと
  5. (会員限定)暑い時期にこそオススメの400mレペティション・フル…
  6. フルマラソンでよく言われる「35キロの壁」を破るには?
  7. LT値を向上させたい方にまずオススメなマラソンメニュー「クルーズ…
  8. 桜を背景にトラック・400mインターバル走

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP