毎週火曜夜に実施していますセカンドウィンド四日市・中央緑地公園陸上トラック練習会メニューの中心となりますのが「インターバル走」

インターバル走とはレースペースより速いペースで走る「疾走期」と疲労回復を目的としたジョギングでつなぐ「緩走期」を交互に走る練習で、数あるマラソン練習の中でも一二を争うきつさを誇るトレーニング。

そんなかなりきつい練習となる分、多くのトレーニング効果が期待できるインターバル走ですが、なかでも最大の練習目的となりますのが「最大酸素摂取量」の向上にあります!

 

最大酸素摂取量(VO2max)とは運動中に体内に取り込むことのできる酸素の単位時間あたりの最大値のことで、マラソンのような有酸素運動におけるスタミナをはかるうえで最も有効は指標とされています。

長い時間酸素を取り込み続けることで、エネルギーを持続的に生産しながら走ることとなるマラソンでは、当然この値が高い方が有利となります。

 

最大酸素摂取量を高める方法としては筋トレなどによる筋肉の肥大、ゆっくり走るトレーニングでこそ身につきやすい毛細血管網の発達などいろいろな方法が言われていますが、なかでも最大酸素摂取量を最大限に高めるために、ランニングの名著の1冊であるダニエルズのランニング・フォーミュラにはこのような記述があります。

 

VO2maxを最大限に高めるためには、ランニング中、酸素運搬・利用システムに限界まで刺激を与えなければならない

引用先 ダニエルズのランニング・フォーミュラ p38

 

このような刺激を与えるのに最も適したトレーニングがインターバル走と言われていて、呼吸をゼイゼイさせながらの疾走期と、完全に呼吸が回復しない程度のジョギングでつなぐことが、最も最大酸素摂取量向上につながる可能性が高くなるとされています。

 

マラソンを走る上で最も大切な能力と言える「最大酸素摂取量」を強化するうえで大きな効果が期待できるインターバル走ですが、一人で実施していると心折れるトレーニングの筆頭格とも言え、特に今の暑い時期は早々にリタイアする可能性大・・・

そんなリタイア防止のためにも、インターバル走は一人で実施するのでなく、走力の近い仲間と一緒に刺激し合いながら実施するのが一番のオススメのトレーニングであることは間違いなさそうです!!

スポンサードリンク




関連キーワード
ランニングの関連記事
  • 脂肪を効率良く燃やしながら走るにはどのような練習が必要?
  • マラソンで重要な有酸素運動能力を決める最大酸素摂取量とは?
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
  • マラソン最重要トレーニング「テンポ走」とはどのようなメニュー?
  • エネルギー生産工場「ミトコンドリア」を最も効率的に増やすトレーニングは?
  • 効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!
おすすめの記事
ランニング
それほど関係ないとは言われているものの、どうしても気になる走行距離と走力向上の関係性について書かせていただいています。...