1. HOME
  2. ブログ
  3. 距離こそ短めながらかなり傾斜のきつい坂道で効果的な練習が実施できる「多度山峠走」

距離こそ短めながらかなり傾斜のきつい坂道で効果的な練習が実施できる「多度山峠走」

セカンドウィンド四日市では8月9日(日)、日曜練習会として四日市のお隣の桑名市にある多度山ポケットパーク駐車場を発着点とした「峠走+トレイルラン」を実施しました。

IMG_1199

今回の練習の前半部分をしめる「峠走」とはその名の通り峠(=坂道)を走る練習で、登り坂をひたすら駆け上がっていくトレーニング。

言うまでもなくかなりきついトレーニングですが、脚筋力や心肺機能の強化に加え、フォームの改善にもつながるなど、多くの練習効果が見込めるトレーニング法です!

 

今回の多度山ランで走るコース前半は、舗装された約3.5キロの登り坂ロードコースからスタート。

IMG_1277

この登り坂は距離こそ3.5キロと短めですが、傾斜がかなり急なうえに、息つく間もなく登りが続き、かなりのゆっくりペースで走っても十分すぎるほどに心肺や脚筋に大きな刺激を与えることができます。

IMG_1278

ただこの登り坂のほとんどは木陰の中を走ることができ、直射日光や暑さをしのぎながら走ることができるため、夏場の練習にはオススメのコースともいえます。

IMG_1280

そしてこの約3.5キロのロードコースを登り切ると、「多度山山上公園」に到着。

IMG_0960

この公園から一望できる景色は、なかなかの絶景です!

IMG_0961

 

今回走る多度山3.5キロの登り坂コースは、三重県北勢エリアでも指折りの傾斜のきつさをほこるコースといえ、ここの坂道を登った後だと、伊坂ダムコースなどアップダウンのきついと言われているコースですらが楽に感じるという方もいらっしゃいます・・・

ただ三重県には長くきつい坂が続く「かもしかマラソン」など登り坂対策が大切なレースが多く、今の暑い時期に暑さや直射日光を遮りつつ、短時間で大きな負荷をかけられるこのコースでの登り坂練習は、レース本番での実戦力強化に確実につながっていきます!

 

そんな多度山ロードコースのところどころには歩いて登っても、前になかなか進まないようなかなりどぎつい傾斜のところもあり、一人で走っていると途中で心折れ、何度もなんども歩いてしまう可能性大です・・・

できればゆっくりペースでもいいので、ランニング仲間と一緒に頂上まで止まらずじっくり走りきることで、マラソンで何より大切な筋持久力向上につなげていきましょう!!

関連記事

関連サイト

 

代表ツイッター