今日土曜日の午後は南部丘陵公園にて練習会を実施しました。

南部丘陵公園の南ゾーンは起伏も自然も豊かな公園で、一度の練習でバリエーション豊かなメニューをこなすことができるのが大きな魅力の公園です。

そこで今回の記事では、そんなバリエーション豊かな特殊練習メニューを4つ紹介させていただきたいと思います。

 

1.階段ダッシュ

P9120014

セカンドウィンド四日市の南部丘陵公園で利用するコースは、スタート直後から強烈な階段道が続きます。

この階段道では心肺機能や脚筋力にかなり大きな刺激を入れることができます。

さらに自然とモモが上がり、ハムストリングなど前への推進力を生む後ろの筋肉を使うようになるなどフォーム改善効果も期待できます。

 

2.クロスカントリー走

P9120021

階段を登り切った後は、比較的柔らかな土の路面を走るクロカン走。

ところどころ起伏があったり、小石などの障害物をよけたりしているうちに、自然とバランスをとりながら走るようになるため、普段のランニングでは鍛えられない細かな筋肉に刺激を入れることができます。

 

3.坂道ダッシュ

P9120028

階段道やクロカンコースを走り終えた後に待っているのは、100〜150m前後の登り坂。

この坂道、傾斜はそれほどきついわけではありませんが、階段道などで酷使された筋肉や心肺機能が十分に回復できない状態でダッシュするとかなりきつく途中で心折れそうになります・・・

ただ階段道でしっかりとモモをあげて走っていると、意外なほどスムーズに駆け上がれるのを感じるはずです!

 

4.芝生下り坂ダッシュ

P9120031

練習会コースの後半に待っているのは、緩やかな傾斜の芝生道の下り坂。

芝生では着地衝撃が抑えられるため、ロードコースを走っているより故障のリスクを抑えながら、ストライドを大きくしてスピードを上げていくことが可能です。

加えて下り坂では平坦な道では出せないスピードが出せるため、走っていて爽快な気持ちになれる点も大きなポイントです!

 

他にもいろいろなトレーニングを実施することができます

上記のように、今回の記事では南部丘陵公園で実施できる4つのトレーニングメニューを紹介させていただきましたわけですが、他にもいろいろなバリエーションの練習が実施できる、変化に富んだ地形がこの公園で練習する一番の魅力!

また階段ダッシュなど短時間で効果的な練習を実施するにもおすすめのコースですので、ちょっとした時間で、いつもと違う環境で練習をしたいと思い立った際にはぜひ南部丘陵練習も選択肢の一つにご検討してみてください!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事