こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

前回の「夜のランニング2時間から1時間半前にお勧めの「コンビニで買える間食」ベスト3」の記事でも書かせていただきましたのですが、セカンドウィンド四日市のメンバーのほとんどは夜の練習会に、仕事が終わってから直接練習会場所に集まってきていただきます。

なかには忙しく仕事を終えた後、すぐに練習会場所に集まるため、十分な食事時間が取れない方もいらっしゃいます。

「お腹が減っては戦はできない」という言葉もありますが、やはり空腹で走っても、なかなか思うように走れないようで、できれば少量でもエネルギーになるものを身体のなかに補給しておく必要があります。

ただし消化に時間がかかるものを食べると、今度は消化不良などが原因で腹痛や吐き気をもよおす方もいらっしゃるため、できれば口に入れてすぐエネルギーになってくれる消化のいいものを食べておきたいもの。

そこで今回の記事では仕事が終わってから、走る前までの1時間から30分ほどの間にオススメの、手軽にコンビニでも買える間食ベスト3を紹介していこうと思います。

1位 エネルギーゼリー

ランニング直前のエネルギー補給の王道といえば、やはりエネルギーゼリー。

エネルギーゼリーはおにぎりなどと違って素早く食べる(飲む)ことができる上、喉の渇きも感じない点も大きなポイントです。

またお米などに含まれるでんぷんよりも吸収が早い「デキストリン」や「マルトデキストリン」を主成分としたゼリーであれば、腹持ちもそこそこよく、すぐにエネルギーになってくれる点でも非常に優秀なラン直前メニューとなります!

2位 バナナ

ランニング直前のエネルギー補給としてエネルギーゼリーと双璧をなすのは、マラソンレースなどでもすっかり定番となっているバナナ。

バナナにはすぐにエネルギーになってくれる「ショ糖」や「ブドウ糖」、消化に少し時間のかかる「デンプン」など多様なエネルギー源が含まれているため、エネルギーが長時間にわたって持続します。

さらにランニング時のエネルギー代謝のために重要なビタミンや、バランス調整のために重要なミネラルも豊富と文句無しの栄養素を誇っています。

唯一エネリギーゼリーに負けるのは携帯のしやすさと食べやすさですが、その点さえ我慢できれば、オススメ度ナンバーワンのラン直前メニューとなります!

3位 カステラ

エネルギーゼリー、バナナに続くランニング直前のエネルギー補給食となり得るのが、2時間から1時間半前までに食べるならオススメナンバーワンとなっていたカステラ。

カステラは食物繊維が含まれておらず、消化しやすいのが特徴で、しかも筋肉疲労などに効果大の必須アミノ酸が含まれているのも大きなポイント。

ただしエネルギーゼリーやバナナに比べると、やはり消化が遅く、腹痛などの要因になる可能性は決して低くない点が難点ではあります・・・

 

以上のように今回の記事ではランニングの1時間から30分前にオススメのコンビニで購入できる間食について書かせていただきました。

ランニング直前はできればできるだけ食事を抑えて、胃のなかを空っぽの状態にしておいたほうがいいと言えばいいのですが、とは言ってもお腹が空いては走ることに集中できず、いい走りにはつながっていきません。

ランニング直前の食事の一番のポイントは、素早くエネルギーに変わってくれるものをピンポイントで食べること。

幸いエネルギーゼリーやバナナはどこのコンビニでも比較的簡単に手に入れる食材ですので、特に前の食事から4時間以上経ってしまっている方は少しでもいいのでエネルギーを補給しておきましょう!!

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事