OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ走りやすいからといって練習量を増やすだけ増やして、身体のメンテナンスを怠ると、疲れが身体にどんどん溜まってくると同時に、大きな故障のリスクも高まります。

そこでマラソンのためのメンテナンスとしてオススメなのが「ストレッチポール」

ストレッチポールは多くのアスリートが愛用しているエクササイズグッズで、一人で手軽に身体をケアできる点が大きなポイントと言えます。

今回の記事ではそんなストレッチポールの練習効果について詳しく見ていきたいと思います。

ストレッチポールがマラソンに及ぼす3つの効果

ストレッチポールがマラソンに及ぼす効果としては、下記の3つが挙げられます。

1.背骨のゆがみ改善

2.肩甲骨まわりのゆがみ改善

3.骨盤・股関節まわりのゆがみ改善

 

その一つ一つについて詳しく見ていきますと・・・

1.背骨のゆがみの改善

98ec5d59ba5122a2a4eb995667cfa7eb_s

背骨のゆがみは、姿勢の乱れにつながります。

ランニングフォームの基本中の基本は、背中をスッとまっすぐ伸ばして走ること。

・・・ですが背骨が歪んでしまっていては、まっすぐな姿勢を保つのは難しく、左右バランスの悪い走りにつながり、大きな故障の原因を作りかねません。

そんな背中のゆがみですが、ストレッチポールにて継続的にエクササイズを行っていけば、徐々に着実に改善していくことができます。

2.肩甲骨周りの動きの改善

ランニングでの腕振りは、肩甲骨周りの筋肉をやわらかく、しっかり動かすことがもっとも重要です。

ただし普段オフィスワークをしている方などは肩甲骨周りが硬くなってしまっている場合が多く、肩甲骨まわりをしっかりと動かした腕振りがなかなか難しかったりします。

そんな肩甲骨まわりも、ストレッチポールにてエクササイズを定期的に行っていけば、筋肉がほぐれてきて、徐々に動きが良くなってくることを感じる筈です。

3.骨盤・股関節まわりの動きの改善

ランニングにおいて骨盤そして股関節の動きは、走りをスムーズにするために必要不可欠な要素です。

ただし骨盤も股関節も日常生活で活発に動かす機会が少なく、いざ走っている時に動かそうと思っても、なかなか思うように動かないという方は多くいらっしゃいます。

そんな骨盤・股関節まわりも、ストレッチポールにてエクササイズを定期的に行っていけば、骨盤のゆがみが改善されることが主な要因となって、徐々に動きがあるのを実感できるようになります。

効果は徐々に徐々に着実にでてきます

以上のようにマラソンにおいても大きな効果をもたらしてくれるストレッチポールで、背中のゆがみの改善などは症状が酷ければ酷いほどすぐに効果を実感できるようになります。

ただし基本的にはゆがみも筋肉のほぐれも徐々に徐々に効果があらわれてきて、1ヶ月から2ヶ月ほど継続することで、その効果が走りに実感できるようになってきます。

効果的なエクササイズを実施すれば効果は倍増

ストレッチポールは上に寝転がっているだけでも、十分な効果が期待できます。

ただし背骨のゆがみ改善、肩甲骨まわり、股関節まわりなどエクササイズ目的を明確にしたメニューを実施すれば、より効率的にその効果を実感することができます。

そんなエクササイズの具体的な内容については、後日別の記事にて紹介していきたいと思います!!

 

今回紹介したエクササイズグッズ

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
LPN
売り上げランキング: 166
LPN ストレッチポール(R)MX ピンク 0007
LPN
売り上げランキング: 5,218
仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事