こんにちは。四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチの多田夏彦です。

セカンドウィンド四日市のメンバーからよく聞かれる質問のひとつに「オススメのフルマラソンはありますか?」というのがあります。

そんな質問を受けたときに、最初にオススメするのが高低差の少ないフラットなコースを走れる大会。

ただ中にはアップダウンの激しい走りごたえのあるコースを走りたいという方もいらっしゃたりと(そんなに多くはいませんが・・・)、ランナーによってオススメすべき大会は様々です。

何はともあれ出場するフルマラソン大会を選ぶ際に、まず気になるのはコースの高低差。

そこで今回の記事では、まず手始めに高低差比較による10月開催のフルマラソン大会のベスト3を見ていきたいと思います!


●スポンサードリンク


 

フラットで記録を出しやすいコースベスト3

1位 大阪マラソン

スクリーンショット 2015-10-03 19.11.12

開催日:2015年10月25日(日)

開催地:大阪府大阪市

最大高低差:20m

大阪マラソンホームページはこちら

出場したメンバーから聞かせていただいた感想でも「極めてフラット」との声がほとんどの人気大会大阪マラソン。

ただし「37キロ過ぎの坂道だけはかなりきつく感じた」という声も多く聞かれます。

ちなみに大阪マラソンの今年のエントリー倍率は4.5倍。

まずはこの競争に勝ち抜くことが、スピードコースと言われる大阪マラソンに出場するための最低条件となります。

 

2位 筑後川マラソン

開催日:2015年10月11日(日)

開催地:福岡県久留米市

最大高低差:22m

筑後川マラソンホームページはこちら

さすがにチームから出場されたメンバーはいらっしゃいませんが、アップダウンらしきところはなく、かなりの高速コースとのふれこみです。

ただし道幅が狭く、気温が高い日が多いのも特徴のようです。

 

3位 新潟シティマラソン

開催日:2015年10月11日(日)

開催地:新潟県新潟市

最大高低差:25m

新潟シティマラソンホームページはこちら

同じくチームから出場されたメンバーはいらっしゃいませんが、日本海沿いを走るフラットなコースとのふれこみ。

ただし筑後川マラソンと同様早い時期に開催ということで、気温が高くなることが多いそうです。

 

走りごたえのあるきついアップダウンの待っているコース

1位 大町アルプスマラソン

スクリーンショット 2015-10-03 19.13.40

開催日:2015年10月18日(日)

開催地:長野県大町市

最大高低差:217m

大町アルプスマラソンホームページはこちら

最大高低差200mを超える日本でも指折りのアップダウンコースですが、北アルプスの景観は壮観だそうです。

ちなみに大会の開催される大町市にはチームの合宿で行ったことがあるのですが、四方を山に囲まれてとにかく坂道だらけだったことを覚えています・・・

 

2位 出水ツルマラソン

開催日:2015年10月18日(日)

開催地:鹿児島県出水市

開催地:98m

出水ツルマラソンホームページはこちら

九州の最南端鹿児島県で開催ということで、チームからはどなたも参加されていませんが、コース序盤に100m近い登り坂を登っていって、あとは比較的フラットなコースを走るコースのようです。

 

3位 弘前・白神アップルマラソン

開催日:2015年10月4日(日)

開催地:青森県弘前市

最大高低差:96m

弘前・白神アップルマラソンホームページはこちら

同じく日本列島最北端の青森県開催ということで、チームからはどなたも出場されていませんが、前半ゆるやかな登りを走って、後半はゆるやかな下りを走るコースとなるため、比較的ダメージは少ないコースのようです。

 

数値だけに惑わされないでください!

今回の記事では10月開催のフルマラソン大会の最大高低差の少ない大会と大きい大会のベスト3を紹介させていただきましたのですが、実際コースを走ってみると数字にはあらわれない傾斜のきつい坂もけっこうあったりと、案外最大高低差というのはあてにならなかったりします。

ただし高低差ランキング最大の大町アルプスマラソンのコースは最大高低差200m超えと、どう考えてもフルマラソンレースの領域を超えた難コースと言えそうです。。。

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ランニングマガジンクリール 2015年 11 月号 [雑誌]
ベースボールマガジン社 (2015-09-23)
仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事