OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初心者の方だけでなく、多くの市民ランナーの方々が「どのようなランニングシューズを購入すれば間違いないか?」という事で、悩んでいらっしゃいます。

ただ人によって足の形はそれぞれで、万人に合うランニングシューズは絶対に存在しないため、実際試し履きしてみて自分の足に一番フィットするものを選ぶ事が重要となってきます。

ただしこの試し履き、やり方を間違うと、足に全然フィットしていないものを購入してしまって、後で大きな後悔を残す事になってしまいます。

そこで今回の記事ではショップなどでランニングシューズを試し履きする際に気をつけたい つのポイントについて紹介していきたいと思います。

 

1.靴ひもはできるだけゆるめて履く

ランニングシューズを試し履きする前に、まずは下の部分まで靴ひもを緩めてから履いてください。

靴ひもは靴のフィット感にはそれほど大きな影響がなく、履いたときラスト(足型)が合っているかどうかが、自分の足にフィットするシューズであるかどうかを見極める最初のポイントになります。

シューズのラストについてはアシックスサイトを参照ください

そして履いた後は、歩いたり走ったりする中で、指先や土踏まずの部分、シューズの幅などで引っかかる部分がないか、逆にゴワゴワになっている部分がないかをまず確認してみるようにしましょう。

 

2.かかとを合わせる

ランニングシューズを履くときの最重要ポイントは、実はかかとを合わせて履く事。

ランニングシューズはかかとを基準に設計されているらしく、かかとをシューズの中で固定できなければ、フィットしているとは言えません。

かかとがしっかり合っていると、シューズの中で足が動かないため、シューズの性能をフルに生かした走りができると同時に、マメや爪の黒ずみなどの予防にもつながります。

ちなみにかかとの部分はミズノやアシックスなど日本製のものは比較的ゆるめ、アディダスやナイキなどの海外製のものは比較的タイトに作られている傾向にあるそうですが、実際そうとは言い切れない場合もあるため、試し履きの際はしっかりチェックしてみてください!

 

3.ジャストフィットで問題なし

ショップで店員さんから「足の指が1cmくらい余るくらい」などと少し大きめのサイズのシューズを勧められる場合が多くあります。

これは長い時間走ったり、夕方の時間帯になると足が大きくむくんでしまう事に理由があるのですが、むくんでもつま先側に大きくなる事はほとんどないためシューズのサイズはそれほど影響せず、むくみだけであれば靴ひもでもじゅうぶん調整が可能です。

シューズが大きすぎると、シューズの中で足があちこちに動いてしまうため、かかとが合っていないときと同様にマメや爪の黒ずみなどの大きな要因となってしまいます。

ですのでランニングシューズを選ぶ際は、まず一番合うサイズのものを、靴ひもを緩めてから履いてもどうしても違和感がある場合のみ、一つ上のサイズを選ぶイメージで、シューズのサイズを選んでみてください。

 

最重要ポイントはかかとのフィット感

上記のように今回の記事ではランニングシューズを試し履きする際のポイントについて書かせていただいたわけですが、前述させていただいたとおり最重要ポイントはかかとがしっかりフィットして、シューズの中で足が動かないものを選ぶこと。

かかとのフィット感の大切さはランニングシューズに詳しい方なら必ず口を揃えて重要ポイントにあげる大切な要素ですので、複数のシューズで悩む事になったら、かかとのフィット感を最後の選択肢に選んでみる事をお勧めします!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事