「卵」はマラソンにも大きな効果が期待できる完全食品

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

先日の記事で身体を作るタンパク質を多く含む食材として牛肉、豚肉、鶏肉がマラソンにもたらす効果について紹介させていただきました。

牛肉がマラソンに及ぼす3つの効果

豚肉がマラソンに及ぼす3つの効果

鶏肉がマラソンに及ぼす3つの効果

そんな食材と同様に、マラソンを走る身体を作るうえで大きな効果が期待できる食材が必要な栄養素のほとんどを含む事で「完全食品」とまで言われる卵です。

卵は日常より手軽に食べる事ができる点でも、見逃す事ができない食材。

そこで今回の記事ではマラソンを走るためにも大きな効果ができる「卵」について詳しく見ていきたいと思います。

良質かつ低脂肪なタンパク質が身体を作る

卵に含まれているタンパク質も身体への吸収がいい「動物性タンパク質」、しかも低脂肪な点も見逃せません。

そして体内で作る事ができない「必須アミノ酸」もバランス良く含まれていて、アミノ酸のバランスを数値化した「アミノ酸スコア」では最高点の100点と、良質な筋肉を作るうえで大きな効果を発揮してくれます。

ビタミン、ミネラルもバランス良く含まれる

卵が完全食品といわれる所以は、ビタミンやミネラルなど身体に必要な栄養素のほとんどが含まれているから。

ビタミンやミネラルは身体の調子を整えたり、エネルギーの代謝をよくするなど、マラソンにおいても重要な役割を果たすのですが、卵を食べればほとんどの栄養素をバランス良く摂取する事が可能となります。

唯一足らないのはビタミンC

そんなほとんどの栄養素を含む卵ですが、唯一足りないのが身体の細胞と細胞と結ぶ役割を持つコラーゲンを作ったり、鉄の吸収を助け貧血予防にも貢献する「ビタミンC」。

そこで卵を食べる際は、ビタミンCを多く含む野菜や果物と一緒に食べれば、ほぼほぼ必要な栄養素を網羅する事が可能となります。

コレステロールはそれほど気にしなくていい

増えすぎると動脈硬化などの大病につながると言われるコレステロールを多く含む事で卵を食べる事を敬遠する方もいらっしゃるようですが、卵には体内のコレステロールの蓄積をコントロールする「レシチン」という成分が含まれているため、必要以上に心配する必要はありません。

ですので医師に禁止されている方以外のランナーの皆様には、積極的に食べていただきたい、かなりオススメのマラソン食材と言えそうです!!

 

Comments

comments

コメントを残す