ランニング

クッション素材に見る日本国内メーカー3社のランニングシューズ比較

ランニングを始める方がまず最初に購入する事になるであろうアイテムがランニングシューズ。

ここ最近はマラソンブームの影響もあって各スポーツメーカーが、競って新製品を投入してきて、ただでさえ悩ましいランニングシューズ選びがより困難になってきました・・・

そこで今回の記事では、まず日本人の足にあったシューズを設計、開発している国内メーカー3社「ミズノ」「アシックス」「ニューバランス」のランニングシューズの特徴を、ランニングシューズの性能を大きく左右するクッション素材にフォーカスした形で比較。

ランニングシューズ選びに悩んでいるランナーの参考にいただければと思います。

 

ミズノ

スクリーンショット 2015-10-09 10.27.44

ミズノランニングシューズホームページはこちら

日本人の足に合わせた設計

ミズノに限らず国内3社のシューズに共通することは、日本人の足にフィットするシューズを設計しているというところ。

特にシューズに詳しい方のお話だと、国内メーカーのシューズは海外メーカーのシューズに比べると、ランニングシューズのフィット感に大きく影響するかかと部分が広めに設計されているとのことです。

ここ最近は多くの海外メーカーでもワイドサイズのシューズを出していますが、このかかとの部分についてはワイドサイズでもタイトに作られているシューズが多いらしく、ここに国内メーカーと海外メーカーのシューズの形状に大きな差が出るようです。

カチッとした着地感のあるクッション材

ミズノのランニングシューズの多くに導入されているクッション素材「ミズノウェーブ」は2枚以上の波上のミッドソールを結合させているもので、上下への伸縮性はあるものの、横へのブレが抑えられるため、ランニング時の安定性が抜群で、故障のリスクも大きく抑えることができます。

また素材も硬めのものを使用しているため、着地時の沈み込みが少なく、「カッチリ」とした着地感で、すぐに地面の反動を受けられる感覚があります。

 

アシックス

スクリーンショット 2015-10-09 10.29.00

アシックスランニングシューズホームページはこちら

日本人ナンバー1人気の安心感

アシックスのランニングシューズは日本ランナーシェアナンバー1を誇っていて、多くのスポーツショップではランニングシューズの多くのスペースを使って所狭しと展示されています。

その大きな理由は早くから日本人の多種多様な足の形にフィットするバリエーション豊富なシューズを設計し、圧倒的多数のランナーの足にフィットさせてきたから。

そのためランニングシューズの購入に悩んだら、とりあえずアシックスをお勧めする方は多いように思います。

長持ちするクッション材

アシックスのランニングシューズのクッション素材の代表格となるのがアシックス自社開発の「GEL(ゲル)」

GELはゼリー状の素材で、ゆっくり衝撃を吸収するのが特徴で、他メーカーのクッション材より磨耗しにくい点が特に大きなポイントと言われています。

ちなみにGELはゼリー状のため、着地した時に少し沈み込む感覚を感じるかもしれませんが、この点がミズノのランニングシューズとの大きな差と感じる方が多くいらっしゃいます。

そのかわりアシックスのシューズはソール(靴の底)の素材に少し固めのものを使用していることなどから、十分に着地時の地面からの反動を得ながら走ることが可能です。

 

ニューバランス

スクリーンショット 2015-10-09 10.30.28

ニューバランスランニングシューズホームページはこちら

幅広サイズの豊富さと丈夫さに定評あり

ニューバランスのランニングシューズは足の幅がかなり広い方に履きやすいものが多いと言われていて、ランニングシューズのフィット感に大きく影響するかかとの部分も広めに設計されていると言われています。

また非常に軽量なシューズも多く、上級者の方向けにもお勧めできるメーカーと言えます。

また間寛平さんがアースマラソンの過酷な環境下で走り続けたのもニューバランスのシューズで、その丈夫さにも定評があります。

足の痛めにくいクッション設計

ニューバランスのランニングシューズのミッドソール素材として使用されている「アブソーブ」は着地時の衝撃を抑えると同時に、着地時の地面からの反動をパワーに変える反発性も備えている点が大きな特徴になっています。

またそのアブソーブはかかとの部分だけでなく、つま先部分にも搭載されているため、着地時はもちろん、蹴り出しの際にもクッションが生きてきてと、設置時の動作すべてにわたって足を痛めにくい点でも大きな特徴があると言われています。

 

ざっくりとした3メーカーの特徴

上記のように今回の記事ではクッション素材の特徴に特化した形で、国内3メーカーのランニングシューズを比較させていただいたわけですが、本当にシンプルに各メーカーの特徴を書かせていただくと下記の感じかと思います。

ミズノ・・・カチッとした着地間で、左右のブレが抑えられるシューズ

アシックス・・・着地感が優しく、クッション性が長持ちするシューズ

ニューバランス・・・幅広のシューズが充実していて、足をしっかり守ってくれるシューズ

 

クッション性以外にも特徴あり

今回の記事ではクッション素材の特徴にフォーカスした形で、国内3メーカーのランニングシューズの比較をさせていただきました。

ただし実際のところ各メーカーのシューズの特徴はもっと細かなところまで見ていくと、よりそれぞれのランナーの走りにフィットしたランニングシューズを選ぶことが可能となります。

そんな細かな特徴についてはまた後日、あらためて別の記事にて書かせていただきたいと思います!!

関連記事

  1. クロスカントリー走で得られる4つの練習効果
  2. 6月はランニングフォーム改善に最適のシーズン
  3. ラントレ・メニュー別アドバイス一覧
  4. クロスカントリー走とはどんなトレーニング?
  5. 距離への不安を取り除くためにオススメの「ロング走」とは
  6. 初心者がフルマラソン完走を目指すための練習期間は?
  7. ランニングの基礎中の基礎・立つ姿勢をつくる「4つ」のポイント
  8. 基礎練習の一つ「ロング走」を実施する際に抑えておきたい4つのポイ…

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP