ここ最近、特に女性ランナーの間では必須アイテムとなりつつあるのがランニングタイツ。

中にはファッション性を重視してランニングタイツを選ばれる方もいらっしゃいますが、ランニングタイツには目的に応じて大きく3つのタイプに分かれていて、見た目だけで選んでしまうともったいない買い物をする事にもなりかねません・・・

ランニングタイツは結構な高額商品が多く、できれば目的にあった、いい走りにつながるものを選びたいところ。

そこで今回の記事では目的別に大きく3つに分けられるランニングタイツのタイプについて紹介していきたいと思います。

 

1.膝サポートタイプ

ランニング初心者の方が購入するならオススメが膝関節など故障につながりやすい部位をテーピングのように強めの圧をかけて固定する「膝サポートタイプ」

膝サポートタイプでは膝関節や太もも、ふくらはぎなどに強めの圧をかけて固定することで、各部位が無駄な動きをしたりブレたりしないようにしてくれ、故障予防につなげてくれます。

特に膝のサポートはランニング初心者の方にはかなりありがたい機能で、いつもより長い距離を走る練習などきつめの練習をする際には、大きな力を発揮してくれます。

 

2.着圧(コンプレッション)タイプ

レース後半にかけて失速しがち・・・という方にオススメなのが部位別や段階的に着圧を変えてある着圧(コンプレッション)タイプ。

着圧タイプでは段階圧構造によって血流を促し、疲労物質を体外に放出しやすくしてくれるため、レース後半にかけて特に深刻になってくる脚の疲労を大きく軽減することができます。

特にフルマラソンなど長い距離を走る際にはどんどん血流が滞ってきて、ふくらはぎなどに大きな疲労がたまりやすく、結果として脚が思うように動かず大失速・・・というリスクも高いのですが、着圧タイプのタイツはそんな蓄積された疲労物質を身体の上の方に押し上げてくれる働きがあります。

また運動後の老廃物を排出する効果も期待できるため、疲労回復のためにも大きな力を発揮してくれます。

 

3.腰バランスタイプ

走っているフォームが途中で乱れがち・・・という方にオススメなのが腰バランスタイプ。

腰バランスタイプは裁断などの工夫によって、履くと自然と骨盤が前傾したフォームづくりに最適な腰の立った姿勢を作ってくれます。

腰の引けた走りは、ひざや腰を痛める大きな要因となり、特に筋肉のついていない初心者の方は腰の引けた走りになりやすいため、フォームがなかなか安定しないという初心者の方にオススメのタイプと言えそうです。

 

目的だけでなく脚にフィットしたものを

上記のように今回の記事ではランニングタイプにある3つのタイプについて見てきたわけですが、ここ最近はひざサポートタイプ+腰バランスタイプなどといった複合タイプも充実してきて、より選択肢も増えてきています。

そこで大切なのが購入の際、ランニングタイツを履く理由をしっかりと把握しておくと同時に、いくつかの商品を試着して脚にしっかりフィットするものを見つけること。

せっかく目的にあったものを購入しても、ゴワゴワだったり、きつすぎたりとフィットしないものを選んでしまってはテンションも大きく下がってしまいます。

結構面倒ではあるものの、せっかくお金を出して購入するのであれば、脚にしっかりフィットするものを選ぶようにしましょう!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事