誰もが悩むランニングシューズを選ぶ際の選択肢の一つとして、オーダーメードのランニングシューズを購入するという方法があります。

まだまだ一般のランナーには馴染みの少ないランニングシューズのオーダーメードですが、ミズノ・アシックス・アディダスなど主要なスポーツメーカーのほとんどが取り扱っており、私どものチームでも何人かのメンバーがオーダーメードのシューズを愛用しています。

そんなオーダーメードのシューズの最大の欠点は、値段が高いこと。

加えてオーダーしてまで購入したにもかかわらず、市販されている既製品とはき心地が変わらなかった・・・というのでは目も当てられません。

そこで今回の記事では少しお金をかけてでも、オーダーメードのランニングシューズをお勧めしたいランナーにはどんな方がいらっしゃるかについて紹介していきたいと思います。

 

1.右足と左足の大きさが異なる方

オーダーメードのシューズを最もお勧めするのは、生まれついてのものや、歩き方の癖や仕事柄などによる足の形状の変化によって右足と左足のサイズが異なる方。

既製品で右足は24.5cm、左足は25.5cmなどという購入の仕方はまず店員さんにお断りされると思いますが、オーダーメードでは左右別々のサイズでの注文が可能です。

どちらか片方の足だけサイズが合わないのに我慢して走っていても、パフォーマンスは下がる一方で、故障のリスクも高まるばかり。

そこで足のサイズの左右差が0.5cm以上ある方は、オーダーメードシューズを有力な選択肢として検討してみましょう!

 

2.微妙に既製品のシューズがフィットしない方

既製品のシューズの足長のサイズは0.5cm刻みでラインナップされています。

それに対してオーダーメードシューズなら通常0.25cm刻みで注文することが可能です。

シューズを履いていて微妙なところできつすぎる、もしくはシューズの中で足が微妙に動く気がする・・・という方は、一度オーダーメードシューズを検討してみても良さそうです。

 

3.レース用シューズでベストのものを求められる方

最大に自分のパフォーマンスを発揮したいレースにおいて、自分に最もフィットしたシューズを履きたいという方はかなり多いはず。

そんな方にとって0.25cm刻み、左右別サイズの注文も可能、加えて自分のお気に入りの色をカラーリングできるオーダーメードシューズはベストの選択肢と言えます。

自身の晴れ舞台となるマラソンレースで、自分に最もフィットした、そしてお気に入りカラーのシューズで走りたいという方にとって、オーダーメードシューズは十分検討する価値がありそうです。

 

オーダーメードシューズはスピードを出して走るタイプに限定される

上記のように今回の記事では、オーダーメードシューズをお勧めしたいランナーの方々にどのような方がいらっしゃるかについて書かせていただいたわけですが、注意点がひとつ。

オーダーメードシューズはどのメーカーもスピード練習やレース仕様と言った普段よりスピードを出して走るタイプのものに限定されていて、普段のジョギングや走り込みに向くものはほとんどありません。

レース用やスピード練習用シューズはスピードを出して走る分、シューズの消耗具合も早く、仕様頻度が高くなればなるほどすぐに履き潰す可能性も高くなります。

せっかく高いお金を出して購入したにもかかわらず、1〜2ヶ月で履きつぶしてしまっては目も当てられません・・・

そこでオーダーメードを選択肢に入れるのは、基本レース用シューズもしくはスピード練習用シューズと、日常の練習と異なるスピードで走る時をメインに考えるよう心がけてください!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事