ラン食

ランニング消費カロリーを計算するために大切なメッツ指数

 

●スポンサードリンク



 

前回の記事でランニングで消費できる消費カロリーの計算式として、下記の数式を紹介しました。

1.05 X メッツ数値 X 運動時間(時間) X 体重(kg) = 消費カロリー(kcal)

この数式の中で運動時感、体重については分かるけど「メッツ数値」についてはご存じない方も多いと思います。

 

そこで今回の記事ではメッツ数値について書かせていただきます。

メッツ値(METs)とは「Metabolic equivalents」の略で、運動を行ったときに安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかを表す数値で、運動強度を算出するものになります。

ちなみにランニングにおけるメッツ指数を時速であらわしてみますと・・・

8.0メッツ・・・ 時速8.0km
9.0メッツ・・・時速8.4km
10.0メッツ・・・時速9.7km
11.0メッツ・・・時速10.8km
11.5メッツ・・・時速11.3km
12.5メッツ・・・時速12.1km
13.5メッツ・・・時速12.9km
14.0メッツ・・・時速13.8km
15.0メッツ・・・時速14.5km
16.0メッツ・・・時速16.1km
18.0メッツ・・・時速17.5km

以上となっています。

 

ランニング時の消費カロリーは基本メッツ数値と走った時間のかけ算です。

・・・なので1時間で走った距離さえ分かればランニング時の消費カロリーは算出できるのですが、ランニング時には1キロ何分で走ったかをペースの目安にすることが多く、時速ではイメージしにくい方も多いと思われるため時速をキロ何分換算で変換してみますと・・・

ペース(時間/km)
時速(km/h)
8分00秒 7.5km/h
7分30秒 8.0km/h
7分00秒 8.5km/h
6分30秒 9.2km/h
6分00秒 10.0km/h
5分30秒 10.9km/h
5分00秒 12.0km/h
4分30秒 13.3km/h
4分00秒 15.0km/h
3分30秒 17.1km/h
3分00秒 20.0km/h

 

以上のようになります。

 

この2つの数値よりキロ換算の走るペースからメッツ数値をみていきますと、本当に目安になる程度のおおよそのものですが・・・

キロ7分ペース・・・約9メッツ
キロ6分ペース・・・約10.5メッツ
キロ5分ペース・・・約12.5メッツ
キロ4分ペース・・・約15.5メッツ

以上のような数値となります。

 

・・・というわけで今回はメッツ数値についてみていったのですが、ランニング消費カロリーにおいて必要になってくるのは運動時間と走るペース(強度)の数値、その2つから走った距離も算出することができます。

つまり結局はどれだけの距離を走ったかも、ランニングでカロリーを消費するためには意識する必要のある数値!

 

とは言うもののランニング初心者の方は走る距離を意識しすぎると、速く走り終えようとペースを上げすぎたりした結果大きな故障につながりやすいため、やはりまずは「走る時間」を目安にカロリーを消費することを意識していただいた方がいいと思います。

そしてある程度走り慣れてきたら徐々に走る距離も意識していき、走るペースなどのメッツ指数も徐々に上げていくよう心がけていって下さい!!

 

●スポンサードリンク



 

関連記事

  1. 豆腐は減量ランナーの強い味方
  2. 豚肉がマラソンに及ぼす3つの効果
  3. バナナパワーで目指せランナー体型
  4. フルマラソン3日前からの食事で心がけたい3つのポイント
  5. マラソンレース当日に食べたらダメなものは?
  6. レース直後の疲れ切っている時の食事で意識したい3つのポイント
  7. 2人の女性オリンピックメダリストに学ぶレース当日の朝食メニュー
  8. マラソンを走りきるための丈夫な身体を作るために重要な4つの栄養素…

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP