こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

フルマラソンにおいて最も注意したいのが、レース途中でのエネルギー切れ。

エネルギー切れを起こしてしまうと、身体に全く力が入らない状態になってしまい、下手すると脳にもエネルギーが行き渡らず、意識がもうろうとした状態にもなりかねません・・・

そんなエネルギー切れを予防するために重要な位置づけにあるのが、レース直前のエネルギー補給方法。

そこで今回の記事では、フルマラソンでエネルギー切れを起こさないためにレース直前にやっておきたいエネルギー補給方法について紹介していきたいと思います。

1.朝食はレースの3〜4時間前

フルマラソンのみならずレース当日の朝食は、レース本番3〜4時間前に食べることがおおすすめ。

それより後になると、食べたものが十分消化しきれず、走っている途中で具合が悪くなったり、腹痛を起こす大きな要因にもなってしまいます。

またレース当日の朝食は手軽に食べやすいおにぎりや腹持ちのいいお餅など炭水化物が多いものを食べるのが基本。

さらに糖質が効率良く取れる果物や、グリコーゲンを蓄積するのを助ける作用があるクエン酸を多く含んだオレンジやグレープフルーツの100%ジュースを一緒に摂っておくとおくと、より効果的なエネルギー補給につながります!

2.レース1時間前の補食もオススメ

レース当日になると緊張で朝食が十分食べられなかった・・・という方は結構多くいらっしゃいます。

ただしそのままの状態でレースをスタートしてしまっては、中盤から後半にかけてのエネルギー切れを避けることはほぼ不可能です。

そこでオススメなのが1時間前のタイミングでのエネルギー補給。

ただし1時間前だとごはんやパンだと消化が間に合わないため、バナナやカステラ、エネルギーゼリーなどすぐに身体に取り入れられやすい食品を補食としてエネルギー補給するのがオススメです。

3.念を入れるなら30分前のBCAAサプリメント補給

朝食、1時間前の補食のどちらか、できれば両方によってじゅうぶんなエネルギー補給ができていれば、フルマラソン本番に向けての準備はほぼ万全。

ただしまだ不安が残る・・・という方には、レース30分前のタイミングで「BCAA」を含むサプリメントを飲んでおくのがオススメ。

BCAAには傷んだ筋肉の修復を効率よくしてくれる効果が期待できるなど、レース後半にかけての疲労予防にもつながります。

こまめな水分補給も怠りなく

エネルギー補給にばかり気を取られていると、つい忘れてしまいがちなのが水分補給。

どれだけエネルギー補給を万全に行っていても、身体に十分な水分を蓄えられていないと、いいパフォーマンスは望めず、脱水症状のリスクも大きくなります。

ただし人間の身体は一度の水分補給で吸収できる量が200ml前後と限られているため、レース直前に一気に大量の水分補給を行ってもすでに手遅れ・・・

スタート2時間ほど前からは、とにかくこまめに水分補給をすることで、全身に水分を行き渡らせる意識を持つよう心がけておけば、スタート直前の準備はほぼ万全!

あとは自信を持ってスタートラインに立っていただいて、レース本番で練習の成果を存分に発揮できる事を心より祈っております!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事