こんにちは。四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチの多田夏彦です。

2015年度のレースシーズンは日本全国各地で多くの都市型フルマラソンレースが初開催されます。

そんな初開催の大会の一つが岡山県岡山市で開催されます「おかやまマラソン」

スクリーンショット 2015-11-04 14.43.50

おかやまマラソンホームページはこちら

私どものチームからも2名が出場予定のおかやまマラソンですが、調べてみると記録も狙いやすそうな魅力ある大会。

そこで今回の記事では今年2015年11月8日(日)に初開催されます「おかやまマラソン」について詳しく見ていきたいと思います。

 

●スポンサードリンク



 

極めてフラットなコース設定

おかやまマラソンのコースの最大高低差は18mと、フラットな事で知られる大阪マラソンよりも平坦で走りやすそうなコース。

コース最大の山場となる30キロ地点の岡南大橋が唯一の坂と感じる程度らしく、極めて記録の狙いやすいコースと言えそうです。

 

時間制限は標準的な6時間

おかやまマラソンの制限時間は6時間と、一般的な大会に多い時間設定。

ただ極めてフラットなコースを合わせて考えれば、初心者の方にもかなりオススメの大会と言えそうです。

 

岡山市の魅力を満喫できる

かつて城下町として栄えた岡山市を走るおかやまマラソンでは、岡山城や日本三名園の一つ岡山後楽園などの周辺のほか、岡山発祥の桃太郎にちなんだ通りを走る事ができるようです。

また市街地を抜けると岡山市南部に広がる広大な干拓地や、多くの水鳥が集まる児島湖など自然溢れる空間も走れてと、岡山市を満喫できる内容となっているようです。

 

エイドでは給食を提供

おかやまマラソンのコースの沿道では太鼓などいろいろな団体がパフォーマンスでランナーに声援を送るほか、岡山の魅力を伝えることができる「給食」が提供されるとのこと。

給食の一例としては岡山と言えばの「きびだんご」などがあるようで、どんな給食が出るかを心待ちにしながら走るのも、レースの楽しみ方と言えそうです!

 

今さら気になるおかやまマラソンのエントリー倍率は?

コースがフラットで岡山の魅力を満喫できる内容と、かなりの魅力を兼ね備えたおかやまマラソンですが、初開催となった今年のエントリーは抽選にて決定されました。

その気になる抽選倍率は定員14500人に対して約1.54倍。

初開催ということでまだ未知数な部分も多いおかやまマラソンですが、この競争倍率が妥当だったのかどうかについては、また参加されたメンバーよりいろいろお話を聞かせていただきたいと思います!!

 

 

スポンサードリンク




マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • 意外と難しいハーフマラソンでの目標レースペースの目安はどれくらい?
おすすめの記事