こんにちは。四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチの多田夏彦です。

先日の記事でレースに実際に参加したランナーからの評判が高いレースだけが選ばれる「全国ランニング大会100撰」のうち、11月に東日本で開催される大会の一部を紹介させていただきました。

「全国ランニング大会100撰」に選ばれている11月開催の大会(東日本編1)

11月は秋のレースシーズンのメインとも言える月という事もあって、他にも多くの人気大会が開催されています。

そこで今回の記事では評判の高い「全国ランニング大会100撰」に選ばれている11月開催のマラソン大会のうち、東日本で開催されるさらに5大会について見ていきたいと思います。

 

●スポンサードリンク



 

小江戸川越ハーフマラソン

スクリーンショット 2015-11-07 15.27.42

小江戸川越ハーフマラソンホームページはこちら

開催日時:11月29日(日)

開催場所:埼玉県川越市

競技種目:ハーフ・10キロ

記録が狙いやすいフラットな事に加えて、江戸文化の風情がある「蔵造りの町並み」も走れるコースが評判で、短期間で参加者を多く増やしてきた大会。

また大会会場の荷物ロッカーの設置など大会運営の評価も極めて高く、蔵の街では大都市大会に引けを取らない大声援を受けられる事も人気の秘密のようです。

 

戸田マラソンin彩湖

スクリーンショット 2015-11-07 15.49.24

戸田マラソンin彩湖ホームページはこちら

開催日時:11月15日(日)

開催場所:埼玉県戸田市

競技種目:ハーフ・10キロ・5キロ

都会のオアシスとして脚光を浴びている彩湖まわりを2回周回するフラットなコースを走る大会。

子供も遊べる施設が設置されているなど家族で楽しめる会場運営や、スムーズでストレスのない大会運営が大きな人気を呼んでいるようです。

 

銚子半島ハーフマラソン

スクリーンショット 2015-11-07 15.57.52

銚子半島ハーフマラソン

開催日時:11月15日(日)

開催場所:千葉県銚子市

競技種目:ハーフ・10キロ

最大高低差25m前後のアップダウンが思いのほかきついものの、銚子半島の観光名所を楽しみながら海沿いを走れる美しい景観が評判の大会。

またレース後には炭火焼きサンマの無料配布もあり、そのサンマを食べられるだけでも参加価値ありとの評判を呼ぶほどの美味しさのようです。

 

川越国際多摩川マラソン

スクリーンショット 2015-11-07 16.04.59

川越国際多摩川マラソン

開催日時:11月15日(日)

開催場所:神奈川県川崎市

競技種目:ハーフ・10キロ

多摩川の河川敷を走る大会で、フラットなコースで記録を狙いやすい大会としても知られています。

また大会会場となる等々力陸上競技場はJリーグチーム・川崎フロンターレのホームスタジアムという事で設備も充実、また大会の運営もスムーズで高い評価を得ているようです。

 

ジュビロ磐田メモリアルマラソン

スクリーンショット 2015-11-07 16.11.26

ジュビロ磐田メモリアルマラソンホームページはこちら

開催日時:11月15日(日)

開催場所:静岡県磐田市

競技種目:ハーフ・10キロ・5キロ

Jリーグチーム・ジュビロ磐田の選手をはじめ磐田市が街一帯となっての応援の素晴らしさと大会スタッフの運営のスムーズさが大きな評判を呼んでいる大会。

コースはスタート直後とゴール間際にかなりきつい上り坂が待っているようですが、そのきつさも完走後の感動を増幅する大きな魅力(?)となっているようです。

 

11月のレースはバリエーション豊富

11月は多くのレースが集中する月ということもあって、ガチレースからホスピタリティあふれる大会まで各大会がかなりバリエーションに富んでいます。

ですので11月開催のレースを選ぶ際は、レースに出場する目的をできるだけ明確にして、その目的にあったレースにエントリーすることが非常に重要と言えそうです!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事