• SWYからのお知らせ
    2月18日(日)伊坂ラン終了後「ノルディックウォーク 教室」を開催します
    2018年2月12日
  • SWYからのお知らせ
    2018年度の走力アップに向けた年間強化スケジュールを作成
    2018年2月11日
  • SWYからのお知らせ
    2月19日〜3月2日まで中央緑地トラック使用不可のため練習場所を一部変更します
    2018年2月8日
日本でも屈指の記録の狙いやすいフルマラソンレースとの誉れ高い「つくばマラソン」

四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチのらんしす@多田夏彦です。

昨日は神戸、金沢、さいたま国際マラソン、そして天草と人気降るマラソン大会も多く開催されましたが、11月開催のフルマラソン大会はまだまだ続きます。

そんな大会の一つが茨城県つくば市で開催されます「つくばマラソン」

スクリーンショット 2015-11-16 20.24.37

つくばマラソンホームページはこちら

つくばマラソンは日本でも屈指の記録の狙いやすい高速コースとして知られていて、多くの記録を狙うランナーがエントリーする人気大会という事で、どのような大会か一度はチェックしておきたいところ。

そこで今回の記事では日本屈指の高速コースとの誉れ高い「つくばマラソン」について詳しく見ていきたいと思います。

 

●スポンサードリンク
 

コースは極めてフラット

今年からコース変更があり、往復コースから周回コースに変更になったつくばマラソン。

そんなつくばマラソンのコースの最大高低差は11mと数字を見るだけでもかなりフラットですが、実際関東平野に伸びる極めてフラットなコースは、ほとんど起伏を感じる事もないようです。

 

時間制限は5時間50分とほんの少しきつめですが

そんなつくばマラソンの時間制限は5時間50分。

標準的な市民マラソンレースからするとほんの少しきつめですが、極めてフラットなコース設定を考えれば、それほどキツイ時間設定でもなく、初心者の方でも走りやすい大会と言えます。

 

大会運営も極めてスムーズ

30回を超える回数を重ねている歴史ある大会という事もあって、大会運営もスムーズらしく、参加ランナーからも運営上の不満はほとんど聞かれません。

 

自己ベスト更新を目指すならぜひチェックしたい大会。

つくばマラソンは全国屈指の高速コースという事もあって競技色が強く、お楽しみ要素が乏しい大会とも言われています。

ただ自己ベスト更新を目指すランナーにとってはむしろ望むところという部分も多く、今年のエントリーも定員が2000人増えたにもかかわらず20分ちょっとで定員が締め切られる人気ぶり。

少しでも走りやすいコースを走りたいというのは、フルマラソンで記録を目指すなら誰もが考えるところ。

そんな記録狙いのランナーにとって、つくばマラソンはベストの選択肢と言っても過言でなさそうです!!

 

 

スポンサードリンク




マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事