こんにちは。四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチのらんしす@多田夏彦です。

はやいもので11月も後半に入りましたが、11月最終となる今週末も全国各地で多くのマラソン大会が開催されますが、その中に今年も残すところ少なくなったフルマラソン大会のひとつ「富士山マラソン」があります。

スクリーンショット 2015-11-25 10.52.05

富士山マラソンホームページはこちら

富士山マラソンはその名のとおり富士山の美しい景観を背景に走れる大会ですが、なかなかの難コースとしても知られていて、事前に詳細を確認しておくべき大会のひとつと言えます。

そこで今回の記事では日本一の山を背景に走る富士山マラソンについて詳しく見ていきたいと思います。

 

●スポンサードリンク
 

中間地点付近に待つ上り坂は屈指のきつさ

富士山マラソンのコースは最大高低差103mとかなり厳しく、中でも標高差のある河口湖と西湖の間にはきつい上りと下りが待っています。

特に中間地点付近に待つ上り坂のきつさは相当なものらしく、ここで多くのランナーの心をへし折られたとの噂をよく聞きます・・・

 

時間制限は6時間ですが・・・

富士山マラソンの時間制限は標準的な6時間。

ただしコースのきつさを考えると、初心者の方には少しオススメしづらい大会と言えます。

 

景観は日本一との評価もありますが・・・

富士山マラソンの最大の魅力は世界遺産となった雄大な富士山を眺めながら走れるということで、中には日本一、いや世界一景色のいいマラソン大会との声も聞こえます。

ただし雨やくもりになると富士山が顔を出してくれなくなる可能性もあるため、天気が大きく大会の評価を左右する大会とも言えそうです・・・

 

運営の評価は右肩上がり

第1回目で大酷評を受けてしまった大会運営ですが、2回目以降は評価を着実に上げていて、特にエイドやトイレの充実度にはかなりの高評価がついているようです。

また沿道の応援もあたたかく大好評と、あとは大会の評価を大きく左右しそうな天候が良くなってくれることで、さらに評価を高められることをお祈りさせていただきたいと思います!!

 

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事