• SWYからのお知らせ
    2月19日〜3月2日まで中央緑地トラック使用不可のため練習場所を一部変更します
    2018年2月8日
  • SWYからのお知らせ
    2018年度の走力アップに向けた年間強化スケジュールを作成
    2018年2月11日
  • SWYからのお知らせ
    2月18日(日)伊坂ラン終了後「ノルディックウォーク 教室」を開催します
    2018年2月12日
20000人近いランナーが走る関東の人気大会「湘南国際マラソン」

こんにちは。四日市のマラソンチーム「セカンドウィンド四日市」代表兼ランニングコーチのらんしす@多田夏彦です。

早いもので明日より12月に突入、2015年も残すところ1ヶ月となりましたが、まだまだ全国各地で多くのフルマラソン大会が開催されます。

その大会のひとつが関東でも指折りの人気を誇る「湘南国際マラソン」。

スクリーンショット 2015-11-30 17.15.30

湘南国際マラソンホームページはこちら

湘南国際マラソンは正月の風物詩「箱根駅伝」のコースの一部を走る事でも知られている人気大会で、セカンドウィンド四日市メンバーの中にも遠征して参加される方もいらっしゃる魅力ある大会。

そこで今回の記事では湘南の海岸線を駆け抜ける湘南国際マラソンについて詳しく見ていきたいと思います。
 

●スポンサードリンク



 

コースは極めてフラット

湘南国際マラソンの最大高低差は13mと数字から見ても取れるように、極めてフラットなコースで記録が狙いやすいコースとして知られています。

途中湘南大橋など橋を渡るとき、西湘バイパスへの上り、ゴール直前に坂らしきところもあるようですが、気にならなかったという方がほとんどのようです。

 

時間制限は6時間半

湘南国際マラソンの制限時間は6時間半と、やや優しめの時間設定。

加えて極めてフラットなコースである事を考えると、初心者の方にもかなりオススメの大会と言えそうです。

 

スタートするまでに難あり?

極めてフラット、しかも箱根駅伝のコースともなる音に聞こえた湘南の美しい海岸線沿いを走れるコースと自然とペースアップしてしまいそうですが、評価を落としてしまっているのがスタート地点での混雑具合。

またアクセスもあまり良くないらしく、スタートするまでにいくつかの改善点があることがよく言われる大会となってしまっています。

 

20000人近くが走るマンモス大会

湘南国際マラソンの定員は19000人と、市民マラソンとしてはかなり大規模な大会。

また大会会場はフードコートなども多く出展され、お祭り気分も満喫できるそうです。

ちなみに今年の湘南国際マラソンは記念すべき第10回目ということでオフィシャルソングもできている模様。

 

 
この動画には湘南国際マラソンの雰囲気がうまく伝えられている気がしますので、来年のエントリーをお考えの方などはぜひご参考ください!!

 

スポンサードリンク




マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事