岐阜清流マラソンなどのセカンドウィンド四日市メンバーの主要レースも昨日で終わって、今レースシーズンはほぼ終了。

セカンドウィンド四日市では今シーズンまでの経験や反省を踏まえていきながら、来シーズンに向けて新たな活動をスタートしていきます。

そんな新たな活動の一つの柱としていきたいのが、2016年度シーズン目標達成のための下記「3つのステップ」を基本サイクルとしてしっかりとまわしていく事。

1.現状分析

2.目標設定

3.具体的なアクション

この3つのステップの内容について詳しく見ていきますと・・・

1.現状分析

IMG_7994

まずこれから進めていくのは、メンバーのランニングに関連する身体的な特徴や走力などの現状把握。

具体的に行っていく事としては、現在すでに取り組みを進めている動画撮影によるメンバー各自のランニングフォームの現状把握と改善点の発見。

他にも筋肉量や脂肪量、血流など身体的特徴を把握するための機器による数値計測や、6月に実施予定の3000mタイムトライアルによる現在の走力の目安把握など、幅広い視点からメンバーの現状把握を行ったうえで、メンバーの強みと極端な弱みを分析していこうと考えています。

2.目標設定

メンバーそれぞれの現状を把握いただいたうえで、進めていくのが来シーズンに向けての具体的な目標設定。

この目標には大目標となる「レースでのゴール目標タイム」だけでなく、練習での目標ペースや、筋肉量アップ、体脂肪率ダウンなど、身近に計測できるものについてもできるだけ細かく目標を設定。

いくつかの小目標を設定し、段階を踏んでいきながら、大目標となる2016年度の本命レースでの目標達成に向かっていこうと考えています。

3.具体的なアクション

目標を設定した後は、目標を達成するための具体的なアクション。

このアクションにはランニングはもちろん、体幹トレーニングやストレッチ、動きづくりなどランニングに密接に関連する「サブトレーニング」や、「身体のケア」、そして「食事や栄養摂取」などランニングに関連する幅広いカテゴリをフォローしていく事で、よりメンバーの目標達成を現実的なものにしていこうと考えています。

特に来シーズンに向けては、ここまで十分でなかったサブトレーニングや食事など走る以外の取り組みのサポート充実を目指していきます。

1〜3ヶ月単位で上記3つのステップを1サイクルとしてまわしていきます

上記のように「現状分析」→「目標設定」→「具体的なアクション」そして再び「現状分析」に戻るという基本サイクルは原則1ヶ月単位、長くても3ヶ月単位の短い周期でまわしていきます。

そして1〜3ヶ月と短いサイクルで定期的に現状分析を行っていく事で、メンバーそれぞれが来シーズンのレース目標にどれだけ自分自身近づけているかを、定期的にチェックできる仕組み作りを目指していきます。

こうして定期的に現状把握を行い、自分自身の成長を実感できる流れをつくることで、モチベーションを持続しながら来シーズンの本命レースにセカンドウィンド四日市メンバー全員が向かっていけるよう、しっかりとした体制作りに努めてまいります!!

 

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事