ランニング

インターバル走とはどんなトレーニング?

昨日のSWAC四日市火曜夜の定期練習会では中央緑地公園にて2kmインターバルX4本を実施しました。

インターバル走はマラソントレーニングの中でも最もキツいとされるメニューのひとつですが、ランニング初心者の方に「インターバルを!」と言っても頭の中が「?」になってしまいがちなトレーニング。

そこで今回は「インターバル走とはどのようなトレーニングか?」ということについて書かせていただきたいと思います。

 

インターバルという言葉の意味は「隔たり 間隔 合間(あいま) 間(ま)」。

そしてインターバル走とは、呼吸が乱れるほどのペースで速く走る「疾走期」とゆっくり乱れた呼吸を整える「緩走期(リカバリー期)」を交互に行うトレーニングのことで、インターバルとはこの「緩走期(リカバリー期)」のことを指します。

マラソントレーニングとして一般的によく言われるのが1kmの疾走期と200mのリカバリーを交互に繰り返す1kmインターバル5本のパターン。

その1kmインターバル5本をベースに疾走期を200m、400mや2kmまたは本数を3本〜15本、または緩走期を400mと練習目的に応じて変化させていく形でSWAC四日市でも定期的に実施しています。

このインターバル走を実施する上でポイントとしては
・疾走期は呼吸が乱れるくらい速いペースでないと意味がない
・とは言っても目標の本数を最後までこなせるペースで実施する
・特に前半はペースを上げすぎない
といった疾走時のペースが重要になってきます。

・・・とは言っても「緩走期(リカバリー期)」でのゆっくりジョギングでの走りも重要でここでどれだけ身体や心肺に余裕を残すか、あるいは残さないかでトレーニング効果は大きく変わってきます。

 

そんなインターバル走はいざ一人で実施してみるととにかく心折れがちなトレーニング・・・で目標本数に達する前に疾走をやめてしまうランナーは後を絶ちません。

・・・がそれだけキツい思いをした分、大きなトレーニング効果が見込めるのも事実!

そこで次の記事ではインターバル走で得られる効果について見ていきたいと思います。

関連記事

  1. インターバル走で得られる4つの練習効果
  2. 長い時間速いペースを維持して走り続けるために重要な「LT」とは?…
  3. ランニング練習日誌をつけ続けているとこんな効果が!
  4. マラソンレース本番・1週間前の過ごし方
  5. 6月はランニングフォーム改善に最適のシーズン
  6. 基礎練習の一つ「ロング走」を実施する際に抑えておきたい4つのポイ…
  7. ウォーキングでランニングフォームをつくる「3つ」のポイント
  8. 世界最高の中長距離コーチと言われる故アーサー・リディアード氏が基…

SWYからのお知らせ

最新記事

マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?

レースが近づけば近づくほど、どんな練習をしていいか分からない・・・マラソンレースが近づけば近づくほど…

11月25日(土)開催・四日市市市制120周年記念 四日市リレーマラソンに参加しませんか?

大阪マラソンの前日となる11月25日(土)、霞ヶ浦緑地公園四日市ドームをメイン会場に開催される、三重…

10月21日(土)の練習会場所を伊坂ダム周回コースに変更します

セカンドウィンド四日市にて10月21日(土)に実施予定の練習会、当初の予定では南部丘陵公園北ゾーンで…

頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?

日曜日のマラソンレース出場やきつい練習を実施した方が、火曜日ごろにやってくるのが筋肉痛。筋肉…

10月22日(日)霞埠頭3km周回コースにて30km走を実施します

10月も早いもので半ばを過ぎ、これから多くのセカンドウィンド四日市メンバーの方が、フルマラソンに挑戦…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP