伊坂ダム周回3.6kmコースを反時計回りで走る際のポイントは?

2016年4月よりランニングチーム「Runfeet」と「セカンドウィンド四日市」が連携する形でスタートしたランニングコミュニティ「SWAC三重」では、6月19日(日)、四日市市伊坂ダム周回コースにて変化走イベントを開催します。

今回のイベントで使用する伊坂ダム周回コースは最大高低差50mとアップダウンのきつい約3.6kmのコースで、傾斜や長さが異なる3つをどう走りきるかが大きなポイントとなります。

また周回コースを時計回りで走るか、反時計回りで走るかでも、走る際のポイントが大きく異なってくるのが伊坂ダム周回コースの恐ろしさ(?)。

そこで今回の記事ではコースを反時計回りで走る際のポイントについて見ていきたいと思います。

スタート地点から1キロ地点まで

IMG_8088

スタート・ゴール地点

伊坂ダム周回コースを反時計回りで走る際の一番の難所は最初の1キロ。

走り出してすぐに傾斜がきつい長い上り坂を駆け上がっていく事となり、早速心肺に大きな負担がかかる事となるため、走り始めはペースは少し抑えめに入ったほうが無難です。

そして一つ目の上り坂を登り切った後は、反対にかなり傾斜のきつい下り坂と、今度は脚筋を中心に大きな負荷がかかる事となるため、ペースを上げすぎないよう注意が必要です。

そして坂を下りきった後は、コースのポイントのひとつと言える赤い橋を渡り切って、今度は2番目の上り坂を駆け上がっていく事となります。

そして多くの方が最も苦手とする2番目の登り坂を上りきる少し手前のところで、ようやく1キロ地点を通過する事となります。

1キロ地点から2キロ地点

IMG_8089

1キロ地点付近

1キロ地点を通過して、もう少しだけ2番目の坂を上っていって、ようやく坂を上りきると、今度はまたまたかなり傾斜のきつい下り坂。

ここでもスピードの出し過ぎによって脚筋に大きな負荷をかけすぎないよう意識する事が、大きなポイントとなってきます。

そして2番目の坂を下りきると、その後はようやく比較的フラットな道を走っていく事となります。

ただし下り坂でペースを上げすぎて、脚筋に負荷をかけすぎると、フラットな道を走っていても脚が思うように動かず、登り坂を走っているような感覚に陥る可能性もあります・・・

そして比較的フラットな道を走り続けていって、3番目の坂が待つ左折ポイントの少し手前のところで2キロ地点を通過。

IMG_8090

2キロ地点付近

今回の伊坂ダム変化走イベントでは、この2キロ地点までがレースペースに近いペースで走るがんばる区間となります。

2キロ地点からゴール・スタート地点まで

3キロ地点付近

3キロ地点付近

そして2キロ地点を通過して、少し走ると待っているのが3番目の登り坂。

2キロ地点を通過した後は疲労回復のためのジョグ区間ですが、早速登り坂を上っていく事となります・・・

ただ3番目の登り坂はそれほど傾斜はきつくなく、距離もそれほど長くないため、前半の2つの登り坂に比べれば楽に感じる方も多いはずです。

そして3番目の登り坂を上りきった後は、それほど傾斜もきつくない下り坂を下って行って、その後はフラットな道が続くことになります。

ただし最後の1キロほどは日陰がほとんどないところを走る事となるため、晴れた日には登り坂を駆け上がるよりきつく感じる方もいらっしゃるかもしれません・・・

反時計回りで走る際は最初の1キロが最大のポイント

今回の記事では伊坂ダム3.6kmコースを反時計回りで走る際のポイントを紹介していきましたわけですが、なんといっても最大の難所は2つのきつい登り坂が待っている最初の1キロ。

スタート直後から大きな負荷がかかる中で、いかに2キロの間、ペースを維持し続けて走るかが大きなポイントとなってきます。

一方反時計回りで走る場合には、注意すべきポイントが大きく変わってきます。

そこで次回の記事では、伊坂ダム3.6キロ周回コースを時計回りで走る際のポイントについても紹介していきたいと思います!!

*伊坂ダム変化走イベントは終了しました

 

伊坂ダム3.6キロ周回コースマップ

Comments

comments

コメントを残す