毎週月曜夜開催の走りの土台を作るための「ベーシック練習会」で実施するメニューについて

セカンドウィンド四日市にて先週月曜日19時半よりスタートした、体幹トレーニングおよび動きづくり、そして疲労抜きのジョグ(ウォーク)とランニングの土台となる基礎練習だけを実施する「ベーシック練習会」。

今後は月曜日を1週間の練習の流れをつくる準備の日と位置づけ、メンバーの皆さんの走りの土台作りに向け、メニューの充実をはかっていこうと考えています。

そんなメンバーの走りのベース作りのための月曜ベーシック練習会の流れとしては、おおよそ下記のタイムスケジュールを予定しています。

月曜ベーシック練習会タイムスケジュール

19:30〜 集合・軽いウォーキング

19:40〜20:00 体幹トレーニング

20:00〜20:15 動きづくりドリル

20:20〜20:40 軽めのジョグ(ウォーク)

20:40〜20:45 ウィンドスプリント

20:45〜 クールダウン

ベーシック練習会で実施するメニュー概要

そのメニューのいくつかについて簡単に見ていきますと・・・

体幹トレーニング

セカンドウィンド四日市で実施する体幹トレーニングメニューのベースとなるのは「BCT(ベース・コントロール・トレーニング)」

「BCT」とは2013年の箱根駅伝において、昨年の19位の惨敗から奇跡とも言える優勝を成し遂げた日本体育大学が実施していた事で、世間に広く知られる事となったトレーニングです。

BCTでは走るために大切な体幹の各部位をただ鍛えるだけでなく、正しい動かし方の習得を目標に行う事で、ランニングフォームの改善にも大きな効果が期待できます!

動きづくり

月曜練習会で実施する動きづくりメニューのベースとなるのは、体幹トレーニングと同じく「BCT」。

BCTで実施する動きづくりドリルは体幹まわりの筋肉に大きな負荷がかかるものが多く、市民ランナーがインターバルやペース走などの直前に実施するには少しヘビーなものばかり。

・・・ですがその分大きな練習効果が期待でき、特に前への推進力を生むお尻まわりなど身体の後ろ側の筋肉に刺激を入れ、効率よく走るためのフォームをつくりには最適のメニューがそろっています!

軽めのジョグ(ウォーク)

体幹トレーニングや動きづくりで体幹まわりの筋肉に刺激を入れた後は、体内の血の巡りを良くして、身体から疲労抜きを行うことを主な目的としたジョギング(ウォーキング)。

このジョグ(ウォーク)を行うか行わないかで、翌日の疲労具合に大きな差が出てしまいます。

また体幹トレーニング後の有酸素運動は脂肪燃焼に効果大と言われており、特にダイエット目的でランニングを始めた方にはオススメのセットメニューと言えます!

ウィンドスプリント

そして軽くジョギングをした後は、2〜3本、50m前後の短い距離を全力の7〜8割前後の力で疾走する「ウィンドスプリント」を実施。

このウィンドスプリントを行っておくと、さらなる疲労抜きにつながるとともに、翌日の走りのキレを創るとも言われています!

月曜ベーシック練習会詳細

上記メニューを実施する毎週月曜夜開催の「ベーシック練習会」の詳細は下記のとおりとなります。

ベーシック練習会概要
kasumimap

開催曜日:毎週月曜19時半から

開催場所:霞ヶ浦緑地公園 四日市ドーム西玄関入口前

参加要件:セカンドウィンド四日市メンバー

*7月いっぱいはどなたでもご参加いただけます。(参加費無料)

 

7月はテスト期間という事で一般の方も無料で参加可能

そんな体幹トレーニングや動きづくりなどを重視したベーシック練習会ですが、現在はどのようなメニューを重点的に実施していくか模索中のテスト段階。

そこで7月の1ヶ月間のみについては、一般の方も無料で参加OKとさせていただく事で、できるだけ多くの方に参加いただき、より成果が上がる基礎メニュー作りに向けて多くのご意見をいただければと考えています。

ベーシック練習会体験申し込みフォーム

体幹トレーニングや動きづくりなどに特化したベーシック練習会は、7月の1ヶ月間のみどなたでもいつでも無料でご参加いただけます。

セカンドウィンド四日市メンバー以外の方でも、「夏場の今のうちに体幹を強化しておきたい」「秋のレースシーズンに向けてランニングの基礎作りをしておきたい」などとお考えの方はぜひお気軽にご参加いただければ幸いです!!

*屋外での実施となるため、背中に敷くヨガマットやバスマットにつきましては、できるかぎり持参いただきますようお願いします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

Comments

comments

コメントを残す