8月に入ってからひたすら暑い日が続いていますが、そんな暑い時期にもやっておきたいのが坂道対策練習。

特に秋のレースシーズン前半に予定されている「鈴鹿山麓かもしかマラソン」や「いびがわマラソン」や「土山マラソン」などアップダウンのきつい事で知られるレースに出場される方にとって、坂道対策練習は必要不可欠な練習と言えます。

そんな坂道対策にオススメな練習メニューの一つが「峠走」。

セカンドウィンド四日市ではその峠走を実施するのにオススメな石水渓にて、8月7日に日曜練習を予定しています。

その内容について詳しく見ていきますと・・・

峠走とは

IMG_3338

「峠走」とはその名の通り峠(=坂道)を走る練習で、上り坂をひたすら駆け上がり、頂上で休憩を取った後、下り坂を駆け下りてくるトレーニング。

言うまでもなくかなりきついトレーニングですが、脚筋力や心肺機能の強化に加え、フォームの改善にもつながるなど、多くの練習効果が見込めるトレーニング法です!

前半はひたすら続く上り坂

IMG_3344

今回の日曜練習で走る石水渓コースの前半は、先日走った多度山よりはいくぶんマシ(?)な、なかなかきつい上り坂を4キロほど上り続ける事となります。

休む事なくひたすら続く上り坂を駆け上がる事により、心肺やお尻まわりなど後ろの筋肉に大きな刺激が入る事となりますが、その分短い時間でも大きな練習効果が見込めます。

ちなみに道中はほとんどが木陰で、夏場でも比較的暑さをしのぎながら走る事ができます。

そして写真の看板が見えてきたところで、前半の上りは終了、ここからは折り返して上ってきた坂道を、下っていく事となります。

IMG_3347

下りはひたすら続く下り坂

IMG_3350

そしてコース後半はひたすら続く下り坂を、気持ちよく下っていく事となります。

この下り坂、ペースを上げようと思えばいくらでも上げられてしまいますが、着地時には体重の5倍とも言われる着地衝撃がかかるため、注意して駆け下りていく必要があります。

ちなみに晴れた日だと、この駆け下りていく道中の眺めはなかなかの絶景。

前半の上りがきつかった分、下りは楽しみながら走る事ができるコースです!

石水渓峠走概要

そんな石水渓峠走の主な概要は下記の通りとなっています。

日時:8月7日(日)8:00〜

参加費:500円(セカンドウィンド四日市およびRunfeetメンバーは無料)

集合場所:石水渓野外研修施設付近

 

参加申し込みフォーム(一般の方向け)

今回の石水渓峠走は一般の方も500円でご参加いただけます。

なおセカンドウィンド四日市、Runfeetメンバーの方は無料参加可能で、申し込みも不要です。

定期練習会とは少し異なる刺激を身体に与えておきたい(?)とお考えの方は、どなたでもお気軽にご参加下さい。

*石水渓峠走は終了しました

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事