1. HOME
  2. ブログ
  3. 8月28日(日)原健介先生をお招きして「BCT講習会」を開催しました

8月28日(日)原健介先生をお招きして「BCT講習会」を開催しました

8月27日(土)・28日(日)と2日連続で開催されたSWAC三重のイベントの最後を締めくくっていただいたのは、BCT考案者・原健介先生による「BCT講習会」。

2013年の箱根駅伝において、前年の19位の惨敗から優勝するという奇跡を成し遂げた日本体育大学が実践していた事で知られる事となった「BCT」を直接原健介先生にご指導いただける貴重な場という事で、会場となった霞ヶ浦会館には多くの方にお集まりいただきました。

スタート直後よりBCTについて熱くレクチャー

講習会がスタートして、まずは原先生によるBCTについてのレクチャー。

「体幹トレーニングでどれだけ体幹を強化しても、走りにつながらなければなんの意味もない」「実施した回数より正しいやり方にこだわる」「間違った姿勢で実施しても、悪い癖がより悪くなるだけ」という考えから、原先生が考えだされる事となったBCT。

その事を話す原先生の言葉一つ一つは本当に熱く、何より説得力があり、参加者の皆さんも実践に入る前から正しいやり方での実施に向け、強い意識づけができたようでした。

正しいやり方での実施は本当にきつく・・・

講習会はまず原先生が一つ一つのメニューについて自ら見本を見せたりしながら、詳しすぎるほど詳しく説明を行った後、全員で実施してみる流れ。

また正しい姿勢で実施できているかは、一人ではわかりにくいため、二人でペアになって、原先生が事前に説明したポイントがしっかりできているかを写真を撮影したりでチェックし合いながらと、やはり正しいやり方にこだわりながらの講習となりました。

今回の講習には以前より書籍を参考にBCTを実践していた方も多くいらっしゃったのですが、その方々から「実際に教えていただいて、いかに自分が間違ったやり方で行っていたかわかった・・・」という声も多く聞かれました。

そして何より正しい姿勢でBCTメニュー一つ一つをこなすのが、どれだけきついかを痛感されていたようでした。

定番メニューも正しいやり方だと別物のトレーニングに

BCTには腕立てなどのいわゆる筋トレの定番メニューと言われるものもいくつか入っています。

・・・が原先生の指導のもと、走りにつなげるために正しいやり方で実施すると、どのトレーニングも全く別物に思えるほどに感じられます。

正しいやり方で実施する事はどのメニューであっても同様でかなりきつく、予想外に苦戦される方も多くいらっしゃましたが、原先生から正しくできるとどう走りにつながっていくかを説明いただくとモチベーションが大きく上がるようで、参加者の皆さん、最後の最後まで正しい姿勢にこだわってやりぬいていらっしゃいました!

あっという間に3時間は過ぎて

14086194_1202120376499655_3712579105024665307_o

講習会の時間は1回の休憩を挟むだけの3時間と、講習会としてはかなり長めの時間だったはずなのですが、あっという間に時間は過ぎていって、気がつけば講習会は終了。

原先生もまだまだ伝えたい事が山ほどあるようでしたが、時間の関係で泣く泣く講習会を終了いただく事となりました。

それでも講習会終了後には参加者の皆さんの質問等に気さくに応じられるなど、BCTの正しいやり方を少しでも伝えたいという先生の思いが最後の最後までひしひしと伝わってきました!

また今までに原先生の講習会に参加されたことがある方でも「前回参加した時とは全く別の気づきを得られた」などの声を聞かせていただくなど、どのような層の方にも納得の講習会となりました!

次回は来年年明けの開催を予定

そんなこんなで充実の3時間となった今回のBCT講習会ですが、原先生自身まだまだ教えたい事が山ほどあるようでした。

実際原先生が教えたいことすべてを伝えていただこうと思うとBCTはかなり奥が深く、1日では到底無理なボリュームとなりそうです。

そこでSWAC三重では半年ごとに原先生をお招きして、定期的にBCT講習会を開催予定。

次回は2017年年明けの開催となりそうですが、今回ご参加いただいた皆さんでも、新たな気づきを得られる事は確実ですので、興味を持っていただきました方は次回開催の告知をお待ち下さい。

最後に前日のナイトランロゲイニングからイベントの盛り上げにご協力いただき、28日(日)の早朝練習会やBCT講習会では参加者の皆さん誰もに納得の充実の講習会を開催いただきました原健介先生をはじめ、今回のBCT講習会にご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

関連記事

関連サイト

 

代表ツイッター