OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阪・富山・大井川と全国各地でフルマラソンレースが開催された10月30日(日)、SWAC三重では霞ヶ浦緑地公園にて1kmレペティションイベントを開催しました。

今回のイベントにはSWAC三重メンバーも多くがフルマラソンレースに挑戦していたという事で、前回の30km走イベントに比べると少人数の開催となりましたが、それでも小学生のお子さんにもご参加いただくなど、今までのイベントにない幅広い年齢層の市民ランナーの皆さんにお集まりいべんとはスタートしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のイベントもまずRunfeet代表・田畑郁恵コーチによる、Runfeetの最大のウリとも言えるじっくり動的ストレッチからスタート。

体幹トレーニング的なメニューもある田畑コーチの動的ストレッチは結構やりごたえのあるメニューが多く、このメニューをこなすだけでお腹いっぱいというランナーの方もいらっしゃるとかいらっしゃらないとか・・・

それでもこのメニューをこなすだけで、自身の走りが大きく変わることを実感する方も多いようです。

そして動的ストレッチの後は、2キロほどジョグ、そしてウィンドスプリントと、いつもより速いペースで走る事となるレペティションの前にさらに念入りにウォーミングアップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてウォーミングアップを終えた後は、いよいよメインメニューの1kmレペティションをスタートしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般の市民ランナーの皆さんにとって、1kmを全力で走る機会はなかなかに少ないという事もあって、1キロを走りきるごとに参加者の皆さんの呼吸はゼイゼイハアハア、表情もほんとうにつらそう・・・

今回のイベントでは霞ヶ浦緑地公園・トリムコースの1キロ直線コースを全力で走って、折り返しはウォーキング等で疲労回復をはかってスタート地点に戻るのを繰り返す形でレペティションを実施。

直線コースはスピードに乗りやすく、レペティションを実施するには最適の環境となるのですが、いざ1キロを全力で走ってみるとかなりきつく、かなり1キロが遠く感じた方も多くいらっしゃるようでした。

それでも3〜5本という決して少なくない本数を、手を抜く事なく走りきる参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

今回の1kmレペティションでは冒頭でも書かせていただいた通り、小学生の子供から50代の市民ランナーの方まで、幅広い年齢層の方にご参加いただけ、今までにない形でのイベント開催となりました。

将来的には子供から大人まで世代を越えてマラソンを一緒に楽しめる環境作りを目指すSWAC三重にとって、今回のイベント、長い目で考えればかなり大きな一歩だったのではと考えています!

そんな1kmレペティションにご参加いただきました皆様、およびスタッフ等の形でイベント運営に協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事