ケア

マラソンランナーにとって理想的な睡眠時間とはどれくらい?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦です。

レースを直前に控えた方が、まず最優先すべきは疲労を身体から抜いていく事。

そんな疲労抜きのために、最も重要な役割を果たすのが睡眠です。

市民ランナーの中には睡眠不足の方がかなり多くいらっしゃったりするのですが、実際どのくらいの時間を睡眠にあてればいいかをご存じない方も多いのでは?

そこで今回の記事ではランニングで最良のパフォーマンスを発揮するために必要な睡眠時間についてみていきたいと思います。

日本人の平均睡眠時間は?

少し古いデータになりますが2010年にNHKが実施した国民生活時間調査によると、日本人の平日の平均睡眠時間は7時間14分。

働き盛りとも言える40〜50代は6時間代と最も睡眠時間が短いとされています。

ちなみに平均睡眠時間の長い国はフランスで9時間近く眠る方も多いようです。

パフォーマンス向上のために必要な睡眠時間は?

睡眠と運動パフォーマンスの関係についてはいろいろな研究がされているようですが、睡眠時間を6.5時間から8時間にしたところパフォーマンスが大きく向上したアスリートがいるとの事。

そしてパフォーマンスを発揮するための理想的な睡眠時間は、8時間とされているようですが、多くの日本人はこの数字から見るとかなり睡眠不足と言えそうです。

ちなみに女子マラソンの世界記録保持者ポーラ・ラドクリフさんは1日12時間睡眠時間にあてていた事で知られています。

レース前日の睡眠時間は最低でも8時間

中には忙しくて寝ている暇などない・・・という方もいらっしゃると思いますが、普段より寝不足気味であることを自覚することは重要。

さらにレース直前期、特に前日は最低でも睡眠時間に8時間以上あてる事で、レース本番での最高のパフォーマンス発揮につなげてください!!

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. 走っている時にひざの外側が痛む腸脛靭帯炎とは?
  2. マラソンレース前に絶対ひきたくない風邪への対策は?
  3. レース中にできると厄介な足マメ予防と対策は?
  4. ひざの内側が痛む鵞足(がそく)炎とは?
  5. レース直前の緊張をやわらげるためにオススメの「リラクセーション」…
  6. 湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策
  7. 腰やお尻まわり、脚裏にしびれを引き起こす「座骨神経痛」とは?
  8. 積極的休養(アクティブレスト)と消極的休養(ネガティブレスト)を…

SWYからのお知らせ

最新記事

マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?

レースが近づけば近づくほど、どんな練習をしていいか分からない・・・マラソンレースが近づけば近づくほど…

11月25日(土)開催・四日市市市制120周年記念 四日市リレーマラソンに参加しませんか?

大阪マラソンの前日となる11月25日(土)、霞ヶ浦緑地公園四日市ドームをメイン会場に開催される、三重…

10月21日(土)の練習会場所を伊坂ダム周回コースに変更します

セカンドウィンド四日市にて10月21日(土)に実施予定の練習会、当初の予定では南部丘陵公園北ゾーンで…

頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?

日曜日のマラソンレース出場やきつい練習を実施した方が、火曜日ごろにやってくるのが筋肉痛。筋肉…

10月22日(日)霞埠頭3km周回コースにて30km走を実施します

10月も早いもので半ばを過ぎ、これから多くのセカンドウィンド四日市メンバーの方が、フルマラソンに挑戦…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP