• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

10月、11月はレース続きで、疲労が蓄積されている方は多いのでは?

そんな疲労の蓄積された方には特に必要不可欠な休養ですが、休養には積極的休養(アクティブレスト)と消極的休養(ネガティブレスト)と2種類があります。

その2つの違いはと言いますと・・・

積極的休養(アクティブレスト)とは?

積極的休養(アクティブレスト)とはその名のごとく積極的に身体を動かしながら、身体の疲労を取り除いていく事。

休養というとどうしても家でゴロゴロと寝ているイメージがありますが(?)、実際は軽いジョグやウォーク、ストレッチなどで軽く身体を動かした方が、血流が良くなるなどの理由から、疲労を身体から取り除きやすくなります。

また身体を動かすと幸せホルモンとも呼ばれる脳内物質が分泌され、脳がリラックスするため、精神的にもリフレッシュする事ができます。

ただあくまで休養という事で、つい身体を動かしすぎてかえって疲労が溜まった・・・ということにならないようご注意ください。

消極的休養(ネガティブレスト)とは?

消極的休養(ネガティブレスト)とは身体を動かすことなく、完全に休養すること。

原則きつい練習などをした翌日でも基本的には積極的休養をオススメする場合が多いのですが、明らかに疲労が蓄積されている方やランニングの大敵である睡眠不足の方については、無理に身体を動かさず、ゆっくり身体を休める消極的休養をおススメしています。

どちらの休養を取るかの判断基準

・・・というわけで今回の記事では積極的休養と消極的休養の違いについて見ていったわけですが、実際休養を取る際にどれくらい今時分位疲労が蓄積されているかを見極めるのは難しいのでは?

そんな方の判断基準としてオススメなのが、朝起きた時の心拍数を測ること。

もしこの時普段より高い心拍数が測定された場合はかなり疲労が蓄積されているという事で、消極的休養がオススメ。

そうでない場合は積極的休養を取り入れるなど、ご自身で判断基準を定める事で、貴重な休養を後のパフォーマンスアップにつながるものにしていきましょう!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
ケアの関連記事
  • インターバルや距離走などのポイント練習の翌日は回復日にしたい2つの理由
  • ストレッチポールを持っているなら絶対オススメの「公式ストレッチポール&ひめトレBOOK」
  • ランナーそれぞれの身体に合ったフォームをつくるために知っておきたい4スタンス理論
  • Featured Video Play Icon
    ランニング障害予防に向けてまずオススメのストレッチポールエクササイズ「ベーシックセブン」
  • ランニング障害の大きな要因となる身体の歪み改善に最適のストレッチポール
  • 湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事
ランニング
意外とストレスが溜まりがちなLSDを実施することによって得られる練習効果について書かせていただいています。...