• 練習会
    1月後半から2月後半にかけてのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2018年1月22日
  • イベント
    1月末から2月中盤にかけて3週連続30キロ走イベントを実施します
    2018年1月22日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

ここ最近は夜になると一気に冷え込む日も増えてきて、血行もどうしても滞りがちと、疲労を抜くためにはランニングを終えた後のストレッチがより重要になってきます。

そんなランニング後のストレッチに一番オススメなのがお風呂上がりのストレッチ。

今回の記事ではその理由について見ていく事にしますと・・・

お風呂上がりにストレッチが効果的な理由

入浴後には身体が温まっている事で、ランニングで疲労した筋肉がゆるみやすくなり、その状態でストレッチをすると、普段より身体がじっくり伸ばすことができます。

その伸びやすくなる理由とされているのが、筋肉全体をソーセージの皮のように包んでいる筋膜の性質の変化。

この性質の変化により、筋膜が伸びやすくなる事で、筋肉全体としても伸びやすくなります。

シャワーだけでは入浴効果が大幅減

そんな入浴によるストレッチ効果を得るためには、体の芯からポカポカと温まった実感があればOK。

ただしシャワーだけでは、筋膜の性質が変わるほどは温まらないため、最低でも5分は湯船に浸かる事が大切となります。

寒い時期の静的ストレッチは筋肉を温めてから

寒くなると筋肉もガチガチになりやすく、また筋膜も伸びてくれずと、そんな状態でストレッチ、特に特定の部位の筋肉をじっくりと伸ばす静的ストレッチを実施してもなかなか伸びてくれないだけでなく、下手すると筋肉や靭帯を痛める可能性もあります。

そのため特にこれからいよいよ本格化する冬の時期にストレッチをする際は、入浴なり少し体を動かして筋肉をある程度温めてから実施することを心がけてください!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
ケアの関連記事
  • インターバルや距離走などのポイント練習の翌日は回復日にしたい2つの理由
  • ストレッチポールを持っているなら絶対オススメの「公式ストレッチポール&ひめトレBOOK」
  • ランナーそれぞれの身体に合ったフォームをつくるために知っておきたい4スタンス理論
  • Featured Video Play Icon
    ランニング障害予防に向けてまずオススメのストレッチポールエクササイズ「ベーシックセブン」
  • ランニング障害の大きな要因となる身体の歪み改善に最適のストレッチポール
  • 湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事