ラン食

ランニングのための食事・栄養素別アドバイス一覧

マラソンレース、特にフルマラソン・42.195kmの長丁場を走りきるために必要な取り組みはトレーニングだけでなく、日頃の食事でもバランスの良い食事を心がける事が大切です。

当ページではマラソンレースに向け摂取していきたい栄養素についてのアドバイス記事を、栄養素別にまとめさせていただいています!

目次

水分補給

水分補給

五大栄養素

糖質・脂質

タンパク質

ミネラル

ビタミン

水分補給

長時間走り続けるマラソンにおいて水分不足は致命的・・・

よいコンディションを保ちながら走り続けるためにも、水分補給はこまめに行うようにしましょう。

水分補給に関するアドバイス記事はこちら

5大栄養素

人間の走るための身体は「糖質」「脂質」「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」の5大栄養素で作られています。

それぞれの長所を知ることで、目的に応じたバランスの良い栄養摂取につなげていきましょう!!

糖質・脂質

マラソンにおける糖質・脂質は長時間走り続けるためのエネルギーを生み出す、重要な栄養素です。

中でも糖質は最重要のエネルギー源となりますが、身体に溜め込んでおける量が限られ、不足するとエネルギー切れを起こして大失速の原因ともなってしまうため積極的に摂取するようにしましょう。

糖質・脂質に関するアドバイス記事はこちら

タンパク質

タンパク質は走る身体をつくるうえで最重要となる栄養素で、生きていくうえで欠かす事ができない栄養素です。

役割としては「筋肉や骨などをつくる構成要素」「ヘモグロビンの材料」「酵素の材料」「免疫細胞の材料」「ホルモンや神経伝達物質の材料」などがあり、確かにこのタンパク質が不足するとどうしようもないため、積極的に摂取するようにしましょう。

タンパク質に関するアドバイス記事はこちら

ミネラル

ミネラルは糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素に比べると、身体に必要な量こそ多くありませんが、身体づくりや体調維持のために欠かせない栄養素です。

人間にとって不可欠なミネラルは16種類と言われていて、特にマラソンで重要となってくるのはカルシウムと鉄分ですが、この2つのミネラルは普段の食事で摂取しにくいミネラルのため、意識して摂取するようにしましょう。

ミネラルに関するアドバイス記事はこちら

ビタミン

ビタミンはミネラルと同様身体に必要な量こそ多くありませんが、健康を維持するためには欠かすことのできない栄養素です。

ビタミンには「糖質・脂質・タンパク質の代謝を助ける」「老化や多くの病気の原因となる活性酸素を撃退する」などの役割がありますが、体内ではほとんど作り出されないため、食品から摂取する意識を持つようにしましょう。

ビタミンに関するアドバイス記事はこちら

 

 

関連記事

  1. カーボローディングにプラスしたい栄養素「クエン酸」
  2. エネルギー切れ予防のためにレース直前に心がけたいエネルギー補給法…
  3. フルマラソン3日前から実施したいカーボローディング期に知っておき…
  4. コーヒー(カフェイン)がマラソンレースに及ぼすいい効果と悪い効果…
  5. 「卵」はマラソンにも大きな効果が期待できる完全食品
  6. フルマラソンレース本番での給水で心がけたい4つのポイント
  7. ラン後に最適の牛乳?
  8. フルマラソン前に実施したいカーボローディングにおける4つのポイン…

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP