ランニング

ラントレ・メニュー別アドバイス一覧

マラソンレースに向けたトレーニングでは、「基礎力」「スタミナ」「スピード持久力」「スピード」の4つをバランス良く実施していく事が、少ない練習時間で効率良く走力アップしていく一番の近道!

セカンドウィンド四日市では毎週火・木・金曜夜と土曜午前のクリニックで、曜日別に4つの能力をバランス良く強化できる練習スケジュールを組んで、メンバーの皆さんの走力アップを目指しています!!

目次

基礎強化メニュー

ジョギング

スタミナ強化メニュー

距離走

ロング走

スピード持久力強化

ペース走

インターバル走

ビルドアップ走

スピード強化

レペティション

ヒルトレーニング

基礎強化メニュー

どのようなスポーツであっても最も実施頻度が高いのは、基礎をしっかり固めるための基礎練習。

故障せず長く走り続けるために最も重要な基礎練習は、決しておろそかにする事なく、継続して実施するようにしましょう!

ジョギング

ジョギングは軽く息が弾む程度のゆっくりとしたペースで走るランニングをはじめ多くのスポーツの基礎となるトレーニングで、「怪我をしにくい身体をつくる」「心臓を強くする」「身体のすみずみまで血液が行き渡りやすくする」「筋肉が酸素を取り込みやすくなる」などの効果が期待できます!

ジョギングに関するアドバイス

 

主にスタミナ強化を目的としたメニュー

マラソンのような長時間走り続けるスポーツの土台づくりとして、必須とも言えるのがスタミナの強化。
セカンドウィンド四日市では毎週土曜午前クリニックと木曜夜クリニックで、スタミナ強化を目的とした練習を実施しています。

スタミナ強化に向けたアドバイス記事はこちら

距離走

距離走はフルマラソンの目標ペースを目安に15kmから30km前後の長い距離を走る練習で、ジョギングと同様の効果が見込める他、「レースペースに身体を慣らす」「持久力のある脚づくり」などの効果が期待できます!

距離走を実施する際のアドバイス

ロング走

ロング走はフルマラソン目標ペースよりゆっくりなジョギングペースで1時間半以上の時間を走る練習で、ジョギングと同様の効果が見込める他、「距離への不安をなくす」「持久力のある葦づくり」などの効果が期待できます!

ロング走を実施する際のアドバイス

 

主にスピード持久力強化を目的としたメニュー

マラソンレース本番で後半になればなるほど重要性が増すのが、長い時間速いペースを維持して走り続けるためのスピード持久力の強化。
セカンドウィンド四日市では火曜夜クリニックで、スピード持久力強化を目的とした練習を実施しています。
スピード持久力強化に向けたアドバイス記事はこちら

ペース走

ペース走とはちょっときつめの速いペースを維持して走り続ける練習で、「速いペースを維持して走り続けるために重要なLTの向上」「ペースコントロール能力の向上」など、マラソンを走るうえで最も重要とも言える能力を強化する事ができます。

ペース走に関するアドバイス記事はこちら

インターバル走

インターバル走とはかなり速めのペースとジョグやウォークを交互に繰り返す練習で、「余裕を持って走れるペースの底上げ」「酸素をエネルギーにどれだけ効率良く変えられるかの指標となる最大酸素摂取量」など、有酸素運動全般において重要な能力を効率良く強化する事ができます。

インターバルに関するアドバイス記事はこちら

ビルドアップ走

ビルドアップ走とはある程度余裕あるペースから段階を踏んで徐々にペースを上げていく練習で、ペース走やビルドアップ走で強化できる能力を平均的にバランスよく強化する事ができます。

ビルドアップ走に関するアドバイス記事はこちら

 

主にスピード強化を目的としたメニュー

マラソンでのペースの底上げや効率良く走れるフォームづくりなどのために重要となってくるのが、大きな動きで速く走るスピード練習。

セカンドウィンド四日市では金曜夜クリニックで、スピード強化を目的とした練習を実施しています。

スピード強化に向けたアドバイス記事はこちら

レペティション

レペティションとは全力に近いかなり速いペースと完全な休息を交互に繰り返すトレーニングで、「スピードの強化」や「効率のよい走りをするために重要なランニング経済性」を強化する事ができます。

レペティションを実施する際のアドバイス

ヒルトレーニング

ヒルトレーニングとは坂道を使って速いペースで走ったり、大きな動きのドリルなどを実施するトレーニングで、「スピードの強化」や「体全体を大きく使ったフォームへの改善」などの効果が期待できます!

ヒルトレーニングに関するアドバイス記事はこちら

 

その他総合力強化メニュー

クロスカントリーを実施する際のアドバイス

トレランを実施する際のアドバイス

 

関連記事

  1. マラソンの後半失速予防やレースペース底上げにも関係する「LT」と…
  2. ビルドアップ走を実施する際におさえておきたい3つのポイント
  3. 今こそ見直したいマラソンの基礎中の基礎練習・ジョギングによるうれ…
  4. 30キロ走を実施していいのはレース本番の何週間前まで?
  5. ウォーキングでランニングフォームをつくる「3つ」のポイント
  6. 2月末から3月にかけての30キロ走を実施するのに最適な時間帯は?…
  7. フルマラソンの後半で失速しないために知っておきたい「乳酸」に関す…
  8. LSD(long slow distance)で得られる3つの効…

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP