こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

セカンドウィンド四日市では毎週火曜日、19時からと19時半からの時差スタートで練習会を開催しています。

疾走と休息を交互に繰り返す「インターバル走」をメインに開催している火曜夜練習会、中でもベースとなるのが1キロインターバルなのですが、19時スタート組と19時半スタート組では、練習目的が大きく変わってきます。

その練習目的について、スタート時間別に見ていきますと・・・

19時〜 1kmインターバル 10〜15本(クルーズインターバル組)

19時スタートのグループが実施するのは1kmインターバル10〜15本のいわゆるクルーズインターバルというメニュー。

クルーズインターバルではいわゆるインターバル走ほど疾走区間のペースは上げすぎず、目安としては10kmレースの目標ペースくらいで走ります。

そんなクルーズインターバルの練習目的は、一定の長い距離を比較的速いペースを維持して走り続ける「スピード持久力」の強化。

もっと詳しく言いますと、走っている最中に蓄積する乳酸を除去してエネルギーに変える能力を高め、ある程度の余裕を持って走れるペースの底上げを目指します!

19時半〜 1kmインターバル 3〜5本(インターバル組)

19時半スタートのグループが実施するのは1kmインターバル3〜5本の、最もインターバル走の定番とも言えるメニュー。

インターバルでは全力の8割前後のかなり速いペースと休息を交互に繰り返す練習で、目安としては3〜5kmのレース目標ペースくらいで走ります。

インターバル走の一番の目的はスピードの強化および最大酸素摂取量の底上げ。

もっと詳しく言いますとペースを上げて心肺に刺激を入れ強化する事で、一定時間の間に体内に取り込める酸素を増やし、よりエネルギーを生み出す能力を高めることを目的とします。

練習目的やシーズンに応じてメニューを選択

上記のように今回の記事ではクルーズインターバルとインターバルの練習目的の違いについて見ていったわけですが、重要なのは練習目的が何であるかを十分把握した上で、練習メニューを選択する事。

また本命レースまでにどれだけの期間があるかを見て、レースがしばらくない時期は苦手意識の強いメニューで弱点強化、レースが近づくにつれて強みをより生かすメニューでレース本番に向けて自信をつけていくなど、時期に応じて練習メニューを選択する意識も重要となります。

いずれにせよ1kmインターバルはきついものの、その分比較的短い時間で大きな練習効果が見込める高効率メニュー!

「ここ最近記録が伸び悩んでいる・・・」「少ない時間で効率よく走力アップしたい」などとお考えの方にはかなりオススメのメニューといえそうです!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事