こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

今日より12月がスタートしましたが、セカンドウィンド四日市では今月より木曜夜練習会を霞埠頭の500mコースに場所を変更して、練習を実施します。

そんな木曜夜練習のメインメニューの一つと考えているのが「テンポ走」。

テンポ走という言葉に聞き馴染みのない方も多いと思いますが、どのようなメニューかについて見ていきますと・・・

テンポ走とは

テンポ走とは比較的速いペースで走っているけど、20〜30分の時間であれば維持できるペースで走る練習の事。

言わば、一定のペースを維持して走る「ペース走の速い版」とも言えるメニューです。

このペースの目安としてセカンドウィンド四日市では、サブ3を目指す方ならハーフマラソンの目標ペースに近いペース、サブ4を目指す方なら10キロのレースペースを目安に走っていただいています。

テンポ走の練習目的

テンポ走を実施する一番の目的は、身体に多く蓄積すると走りの大きな妨げとなる「乳酸」をエネルギーとして変換する能力を高め、身体に乳酸が溜まりにくい身体をつくること。

乳酸をエネルギーとして効率的に変換する能力を高めることができると、乳酸が身体に溜まりにくくなることで。今まで走っていたペースが楽に走れるようになります。

言い換えると乳酸が溜まりにくい身体をつくる事で、余裕を持って走れるペースが以前より速くなります。

この乳酸が溜まりにくい身体を作るというのは、持久力を必要とするスポーツ全てにおいて重要で、特にマラソンにおいては最重要とも言える能力を、テンポ走は最も効率的に高めることができると言われています。

一人で実施するのはかなりきついテンポ走

テンポ走はインターバル走ほど速いペースで走らないにしろ、比較的速いペースを維持して、20分以上の時間を休むことなく走り続ける練習という事で、一人で実施するにはかなりきつい練習・・・

ただその分比較的速いペースを維持して設定時間を走り切れた時は、レース本番に向けて大きな自信につなげる事ができます!

そんなテンポ走ですが、一番ベストの方法は走力の近いランナーの方と一緒に走る事。

この方法だと、一人で走っていた時よりはるかに楽に感じる場合が多いようです!

マラソンは基本一人で走るスポーツですが、練習段階では仲間とお互い刺激し合いながら、走力を高めていくことも非常に重要。

特にテンポ走はきつい練習になる分、その効果は折り紙つきですので、特にレースで後半思わぬ失速をしてしまう・・・という方は、走力の近いランナーを見つけて積極的に練習メニューに取り入れてみてください!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事