こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

昨日より12月が突入しましたが、セカンドウィンド四日市では従来火・木曜夜と土曜午前に開催していたポイント練習会に加えて、毎月2回金曜夜にも練習会を開催することとなりました。

・・・というわけで週3〜4日の頻度で開催する事となるセカンドウィンド四日市の練習会ですが、曜日によって練習目的は大きく異なります。

その曜日別の練習目的について詳しく見ていきますと・・・

火曜夜練習会(インターバルメイン)

中央緑地公園陸上競技場で実施する火曜夜練習会のメインメニューはインターバル走。

インターバル走は速く走る事で「スピード強化」を目指すとともに、一定の時間に体内に多くの酸素を取り込みエネルギーに変換する能力「最大酸素摂取量」を高めることが主な練習目的となります。

またスタミナに不安のあるメンバーには、ペースは上げすぎず、その分走る距離(疾走区間の本数)を増やす事で、長い時間速いペースを維持して走り続ける「スピード持久力強化」」を目指していきます。

木曜夜練習会(ペース走メイン)

今月12月より霞埠頭500m周回コースで実施する木曜夜練習会のメインメニューはペース走。

比較的速いペースを維持して一定の距離を走る事で、マラソンにおいて最も重要とも言える乳酸を身体に溜め込まない身体をつくる事で、長い時間速いペースを維持して走り続ける「スピード持久力強化」を目指していきます。

金曜夜練習会(レペティションメイン)

今月12月より第1・3金曜日に開催する金曜夜練習会のメインメニューはレペティション。

インターバル走より速いペースで走る事で「さらなるスピード強化」を主な目的としています。

さらにセカンドウィンド四日市が重視していく無駄の少ない効率の良いフォームづくりに向けて、最も効果のあると言われるレペティションにより、楽に速く走れるメンバーを増やしていこうと考えています!

土曜午前練習会(距離走メイン)

霞ヶ浦緑地トリムコースをメインに実施する土曜午前練習会のメインメニューは距離走。

フルマラソンレースペースを目安に、1時間半以上の長い時間を走り続ける事で、マラソンをはじめとした持久力を要するスポーツ全般において全ての土台となる「スタミナ強化」を目指していきます。

全ての練習をバランスよく組み入れよう

今回の記事では大きく4つに分かれるセカンドウィンド四日市で実施する練習会メニューの、曜日別練習目的について見ていったわけですが、重要なのは1週間、1ヶ月のスパンでバランスよく練習メニューを組み入れていく事。

スピードだけ強化し続けても、スタミナだけを強化しても、マラソンでは思うように速くならず、各能力をバランスよく強化していく意識が非常に大切です!

ただ時期・シーズンによって、重点強化すべき能力というのは大きく異なってくるのですが、シーズンごとに重点的に強化したい能力・メニューについては後日あらためて記事にさせていただきたいと思います。

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事