前半どう走る?『ペース走』

水曜クリニック担当の田畑です。

さあ2017年水曜クリニックもいよいよ始まりました。皆さんの元気なお顔をみれてテンションが上がります(^^)

12月のリフレッシュ期間を終え、後半のマラソンシーズン、メイン大会に向けて着実に練習をこなしたい1月は『ペース走』からスタートです。

ペース走は、マラソンペース感覚を養うためにも重要なメニューです。インターバルほどぜいぜいはあはあと追い込まないけれどじわじわ~と疲労感がきます。これがマラソン後半にもつながるんです。距離走よりも入りのペースが速いのでウォーミングUPは1時間かけて入念に行います。

ランニングフォームの経済性をUPする動き作り。リズム系がちょっぴり苦手な男性陣も動きが連動してきました。走るには『リズム』感覚要るんですよ‼

グループ分けもマラソンに向けて細かい設定で3時間半~5時間までの4グループ。タイムを確実に刻む中で前半無駄な力が抜くことが後半に活きてきます!前半リラックスできたお陰で、後半はそれぞれがしっかりとペースUPができ大収穫‼素晴らしい走りが出来ましたd=(^o^)=b

3時間30分グループ

4時間グループ、調整グループ

4時間30分グループ

5時間グループ、故障明けグループ

素晴らしい練習を大会で最高のパフォーマンスに繋げるためには、2017年Runfeetのテーマである『リカバリー』が重要です。

機械でも使うばかりでメンテナンスをしてあげないと壊れてしまいますよね。

リカバリー能力をあげるためストレッチ等、食事も気にかけてあげ頑張った身体に栄養源をチャージしてあげましょう(*^-^*)

練習後はその栄養源のお勉強です。川村マイスター今日もありがとう✨

そして今日は三重TVさんに取材に来ていただきました♪放映日は1月27日金曜となっております。

是非ご覧下さい!詳細は後程‼

Comments

comments

●SW四日市ホームページはこちら hpbaner ●スポンサードリンク
田畑郁恵

田畑郁恵Runfeet代表

投稿者プロフィール

元実業団のトップランナーで、現在はランニングチーム「Runfeet」代表兼ランニングコーチとして毎週水曜日午前にランニングクリニックを開催。
SWAC三重で開催するイベントでもメインコーチとして、参加者の皆さんに動きづくりやストレッチなどの指導を行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

まずはお気軽にご参加下さい!

セカンドウィンド四日市のtwitter

●スポンサードリンク




アドバイス目次

  1. 2016-11-19

    ラントレ・メニュー別アドバイス一覧

    マラソンレースに向けたトレーニングでは、「基礎力」「スタミナ」「スピード持久力」「スピード」の4つを…
  2. 2016-11-18

    ランのためのサブトレ・メニュー別アドバイス

    マラソンの練習は走っている時だけでなく、トレーニング前の準備からウォーミングアップ、そして走り終えた…
  3. 2016-11-17

    ランニングのための食事・栄養素別アドバイス一覧

    マラソンレース、特にフルマラソン・42.195kmの長丁場を走りきるために必要な取り組みはトレーニン…
ページ上部へ戻る