マラソンのスタート時や速く走る時に重要な役割を担う「無酸素性エネルギー供給システム』とは?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

先日の記事でランニングのためのエネルギー源がどのように作り出されるかについて書かせていただきました時に、エネルギーの供給方法として大きく有酸素性と無酸素性がある事を書きました。

マラソンは有酸素運動・・・という事で有酸素性のエネルギー供給が重要な事はなんとなく分かる方も多いと思いますが、無酸素性のエネルギー供給もマラソンにおいて実は重要な役割を持っています。

そこで今回の記事では無酸素性エネルギーのマラソンにおける役割について、紹介していきたいと思います。

ATP-PCr系は走り始めのわずかな時間のエネルギー供給システム

無酸素性エネルギー供給システムの一つである「ATP-PCr系」は、酸素を使わず、極めて短い時間で大きなエネルギー源を生み出せる事が大きな特徴。

そのため短距離や跳躍など瞬発的な動きを必要とする競技では、このATP-PCr系がメインエネルギー供給システムとなります。

ただこのATP-PCr系を一気に使うと、エネルギー供給は7〜8秒しか持たず、長時間走り続けるためのエネルギーは生み出せません。

そんなATP-PCr系がマラソンで主に使われるのは、走り始めのわずかな時間となります。

解糖系は速く長く走るために重要なエネルギー供給システム

解糖系システムはマラソンでメインエネルギー源となるグリコーゲンを、酸素を使わず分解してエネルギーを供給するシステム。

解糖系システムではATP-PCr系ほどではないものの比較的速く、大きなエネルギー源を生み出す事ができるうえ、ATP-PCrより長い時間エネルギーを供給できます。

そのためマラソンにおいても5000mなどの短い距離のレースや、インターバルやレペティションなど速いペースで走る練習の際には、メインのエネルギー供給システムとなります。

解糖系システムの最大の難点は乳酸を生み出す事

そんな解糖系システムですが、一気に使うと33秒近くしか持たないらしく、またマラソンでも失速の大きな原因となる「乳酸」を発生させてしまいます。

乳酸は走るためのエネルギーとしても使われるのですが、筋肉に蓄積されてくると、筋肉繊維内の水素イオン濃度が上昇する事により、筋肉の収縮を助けるカルシウムの働きを妨げ、失速の大きな要因を作ってしまいます。

ただこの発生した乳酸も、エネルギーとして素早く分解されるようになれば、失速する事なく走り続ける事ができるのですが、乳酸を素早くエネルギーに変えるための練習方法については別の記事で紹介していきたいと思います。

マラソンのメインは有酸素性供給システムですが・・・

長く走り続けるマラソンでは、長時間にわたってエネルギーを供給し続ける事ができる有酸素性エネルギー供給システムがメインとなります。

・・・がスタート時や速いペースで走る時には、短時間でかなり大きなパワーを生み出せる無酸素性エネルギー供給システムがメインとなります。

そのため普段のマラソン練習においても有酸素性トレーニングだけでなく、無酸素性エネルギー供給システムを利用する無酸素性トレーニングはぜひともやっておくべき。

そんな無酸素性トレーニングの内容については、別の記事で紹介させていただくとして、今回の記事では下記のことだけでも覚えてみて下さい!

今回の記事のポイント

・無酸素性エネルギー供給にはATP-PCr系と解糖系の2つのシステムがある

・マラソンにおいて重要なのは速く長く走る時に使われる解糖系

・解糖系システムは失速の大きな要因となる乳酸を生み出す

・マラソン練習においても有酸素性だけでなく無酸素性運動もやるべき

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

今回の記事でかなり参考にさせていただいた書籍

基礎からわかる!中長距離走トレーニング
櫛部 静二
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 47,601

Comments

comments

●らんしすホームページはこちら 四日市のスポーツクラブ「らんしす」ホームページ ●スポンサードリンク
多田 夏彦

多田 夏彦セカンドウィンド四日市代表

投稿者プロフィール

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。
現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒 
個人ブログはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

まずはお気軽にご参加下さい!

セカンドウィンド四日市のtwitter

●スポンサードリンク




SW四日市のお知らせ

  1. 2017年度からのセカンドウィンド四日市の活動は、下記のように月ごとに強化ポイントを設定して、シーズ…
  2. 早いもので2017年度まで残すところあとわずか。 2017年度からのセカンドウィンド四日市の1…
  3. チーム創立7年目を迎えたセカンドウィンド四日市では、メンバーの皆さんによるより自主的なチーム運営を促…

アドバイス目次

  1. 2016-11-19

    ラントレ・メニュー別アドバイス一覧

    マラソンレースに向けたトレーニングでは、「基礎力」「スタミナ」「スピード持久力」「スピード」の4つを…
  2. 2016-11-18

    ランのためのサブトレ・メニュー別アドバイス

    マラソンの練習は走っている時だけでなく、トレーニング前の準備からウォーミングアップ、そして走り終えた…
  3. 2016-11-17

    ランニングのための食事・栄養素別アドバイス一覧

    マラソンレース、特にフルマラソン・42.195kmの長丁場を走りきるために必要な取り組みはトレーニン…
ページ上部へ戻る