冬こそ水分補給!

0c5c9d1f9cb85b1265db42db35153458_s

こんにちは。RunFeet栄養サポート、アスリートフードマイスターの川村千尋です。

今回のテーマは「冬こそ意識したい水分補給」。夏場は、熱中症や脱水予防に意識して水分補給を行っている❗と言う方もたくさんいらっしゃいます。しかし、冬場はどうでしょう⁉夏ほど、汗もかかないし、喉も渇かない。気がついたら食事以外で水分を摂ってなかったと後から気がつくことも。実は、脱水症状が1番多い夏に続いて、2番目に多いのが冬だと言われてます。理由は、風邪による発汗や下痢や嘔吐などにより、水分が奪われていく事。もうひとつが、気がつかないうちに水分不足になっている「かくれ脱水」。「はぁー」と息を吐くと空気中に白い呼気が出る時があります。実は、あの呼気は体内から出る水分も入っているのです。また、肌の乾燥も水分不足の表れです。肌や呼吸から知らないうちに失われる「不感蒸泄」と言う現象です。

ランナーにとって水分不足は「脚つり」の原因や疲労回復の妨げにもなりますので、日常で意識的に水分補給をし自身の「保水力」を高めましょう。

意識して水分補給。
まずは、水分を補給する事を意識する事。1日に必要な水(この時は水で大丈夫です。約1.5L)をペットボトル等に用意して1日かけて飲みきる❗飲むタイミングを予め決めておくのも良いですね✨起床後、朝食後、昼食後、15時の休憩、夕食後、入浴後、就寝前。それぞれ、1回に200ml位を目安に。

大切なのは飲む習慣を身に付けることです。試してみて下さいね✨

Runfeetはお陰様で間もなく1周年を迎えます。1周年記念と致しまして、元オリンピック選手の土佐礼子さんをお迎えしてランニングクリニックを開催致します。クリニックでは、土佐礼子さんと一緒にランニングを楽しむ事ができます✨

また同時にランニングと栄養の関係をお伝えする「食ランセミナー」も開催予定。今回の「水分補給」もテーマの1つ。会場では「あなたの水分補給は適量?」。運動中のご自身の水分補給量は多い?少ない?簡単な3つの項目でチェック出来ます。お楽しみに~☺
参考書籍 「基礎から学ぶ!スポーツ栄養学」鈴木志保子著 ベースボールマガジン社

Comments

comments

●らんしすホームページはこちら 四日市のスポーツクラブ「らんしす」ホームページ ●スポンサードリンク
千尋川村

千尋川村Runfeet栄養担当 アスリートフードマイスター

投稿者プロフィール

毎月第1水曜日Runfeetクリニック終了後や毎月1回セカンドウィンド四日市月1土曜勉強会にてランナーのための食事・栄養セミナーを開催。
自身も陸上経験なしからサブフォーを達成した市民ランナーで、自己ベスト更新を目標に練習を続けています。

詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

まずはお気軽にご参加下さい!

セカンドウィンド四日市のtwitter

●スポンサードリンク




ピックアップ記事

  1. slide02
    こんにちは、Runfeet代表田畑です。 今日は3月26日開催いたします『土佐礼子さんのランニング…
  2. img_0181
    2016年4月にランニングチーム「Runfeet」がスタートして、来年3月で1年が経過します。 …
  3. 28a29204c0c1859d77fa89069efbeaf7_s
    マラソンレースで練習の成果を最大限に発揮するためには、1ヶ月前からの事前準備が大変重要。 特に…
ページ上部へ戻る