ランニング

2日連続できついメニューを実施するバックトゥバックをお勧めするのはどんな人?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

先日の記事でスピードを出したり、長い距離を走るなどの結構きつめのトレーニングを実施した翌日を回復日にあてる「ハード&イージーの原則」をお勧めする理由について書かせていただきました。

ただ市民ランナーの皆さんの中にはいろいろな理由から、なかなか「ハード&イージーの原則」に従ってトレーニングを進めていくのが難しい方もいらっしゃいます。

そこで今回の記事では「ハード&イージーの原則」と双璧をなすもうひとつの理論「バックトゥバック」について見ていきたいと思います。

バックトゥバックとは

バックトゥバックとは2日連続でスピードを出したり、長い距離を走るなどのきつい練習を実施して、その後2日間かそれ以上の回復日をはさむ練習パターン。

きつい練習を実施した翌日は、体内で大量に消費され枯渇したグリコーゲンを補充するなどの理由から、回復日をはさむべき・・・という「ハード&イージーの原則」とは対極にある練習パターンです。

バックトゥバックのパターンで実施するメリット

きつい練習を頑張れば頑張るほど起こる可能性が高いのが筋肉痛。

筋肉痛は激しい着地衝撃などにより筋肉が損傷し、その損傷が炎症を起こし、痛みに変わる事で起こります。

その筋肉痛の痛みが生じるのは1〜2日後と言われており、またその痛みが消えるまでにはさらに2〜3日かかると言われています。

つまり1日や2日休んだくらいでは痛みは消えておらず、その次のきつい練習を実施する際に筋肉痛の痛みが残っている事で、効果的な練習ができなくなる可能性があります。

・・・が2日連続できつい練習を行うバックトゥバックのパターンで練習を実施すると、きつい練習2日目にまだ筋肉痛の痛みが生じる前に練習が実施できるため、筋肉痛の影響少なく効果的な練習ができるようになります。

つまり筋肉痛の影響だけを考えるなら、ハード&イージーの原則より、バックトゥバックのパターンでトレーニングを実施する方が効果的と言えます。

バックトゥバックをお勧めするのはこんな方

そんなバックトゥバックのパターンでのトレーニングを特にお勧めしたいのは、平日がかなり忙しく、週末にしか練習時間を取れないという方。

ただ2日連続できつい練習を実施する場合は、身体への負荷が一部に集中しないよう、速いスピードで走る練習と長い距離を走る練習のセットメニューなど、2日間で練習内容や目的を変えて実施するのがお勧めです。

前日の疲れが残っているときはできるだけ休みましょう

上記のように今回の記事では2日連続できつい練習をするバックトゥバックのパターンについて紹介していったわけですが、なんだかんだ言っても2日連続できつい練習をするのは精神的にもかなりきついです。

また2日目の練習では、グリコーゲンがある程度枯渇した状態で実施しなければならない可能性があり、病気への免疫力が落ちるうえ、故障のリスクも決して低くありません。

そこで重要なのは1日目のきつい練習をした翌日の朝は、心拍数を測るなどで疲労の残り具合を自分自身でしっかりチェックする事。

この段階で疲労が残っていると判断したなら、絶対に2日目のきつい練習はやめて、ジョグなど軽い練習に切り替えるのがベストです。

青山学院大学の原晋監督が講演会で市民ランナーの方から「走力アップに向けて一つアドバイスを?」と質問されての回答は、「とにかく無理をしない」という事。

無理をしなければ、故障のリスクも軽減でき、マラソントレーニングで何より大切な「練習の継続」が可能!

・・・という事で、バックトゥバックのパターンで練習を実施する方は、自分の身体の状態と常に向き合いながら、無理のない実施を心がけていってください!!

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 161,283

関連記事

  1. 下り坂をうまく走るために覚えておきたい5つのポイント
  2. ビルドアップ走はこんな方にオススメのメニュー
  3. 走力別「走るペース」の目安
  4. 伝説のランニングコーチ・故リディアード氏に学ぶ生理学に裏づけられ…
  5. レース本番で最良のパフォーマンスを発揮するための「テーパリング」…
  6. フルマラソンを完走するために大切な「距離走」を実施する際に大切な…
  7. ランニングでカロリーを消費するために重要な「走る時間」
  8. 南部丘陵公園で実施できる4つの特殊トレーニングメニュー

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP