サブトレ

「タバタ式トレーニング」で鍛えられるマラソンでかなり重要な有酸素運動能力は?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

先日のあの青学大も実施している超短時間高効率メニュー「タバタ式トレーニング」とは?の記事でも書きましたが、今年よりセカンドウィンド四日市では火・金曜日の中央緑地トラックでのポイント練習を終えた後、タバタ式トレーニングを導入しています。

タバタ式トレーニングとは20秒間の高強度の運動と休息10秒間を、6〜8セット交互に繰り返すトレーニングですが、3〜4分と極めて短時間で大きな練習効果が見込めるトレーニングとして、今注目を浴びています。

そんなタバタ式トレーニングは有酸素運動能力と無酸素運動能力を同時に鍛えられるトレーニングなのですが、特にマラソンで重要な有酸素運動能力、中でも最も重要と言える能力が強化できます。

そこで今回の記事では、タバタ式トレーニングで強化できるその有酸素運動能力について見ていきたいと思います。

タバタ式トレーニングは最大酸素摂取量を強化できるトレーニング

20秒の運動と10秒の休息を交互に6〜8セット繰り返すタバタ式トレーニングは、高強度の運動と完全な休息を交互に繰り返すインターミッテント(間欠性)トレーニングと言われます。

よく似たトレーニングにインターバルトレーニングがありますが、インターバルは高強度の運動と、完全な休養でなくジョグやウォークなど軽い運動を間につなぐトレーニングと、休息期の過ごし方が異なります。

・・・がタバタ式トレーニングとインターバルトレーニングで最も効果が見込めるのは同じ最大酸素摂取量の強化。

ただ最低でも15分前後の時間は必要なインターバルに比較して、タバタ式トレーニングは3〜4分と極めて短い時間で最大酸素摂取量を強化することができます!

最大酸素摂取量とは

タバタ式トレーニングで強化できる最大酸素摂取量とは、1分あたりで身体に取り込むことのできる酸素量のことで、有酸素運動能力を測定するうえで代表的な数値と言われています。

酸素を多く取り込むことができれば、その分多くのエネルギーを供給することができるようになり、最大酸素摂取量の強化は持久力(スタミナ)の強化に直結します!

ちなみに最大酸素摂取量は加齢により低下すると言われていますが、タバタ式トレーニングなら極めて短い時間で最大酸素摂取量の維持につながり、持久力の低下を抑えることができます。

タバタ式トレーニング6週間継続で最大酸素摂取量○○%?

タバタ式トレーニングを週4回、6週間続けると、最大酸素摂取量が10%強化されたというデータもあるようです。

最大酸素摂取量はインターバルをはじめ相当きつい練習続けられないと思われがちでしたが、タバタ式トレーニングなら1回4分と極めて短い時間で強化することができるため、かなり高効率とレーニンと言えます!

ただしタバタ式トレーニングでその効果を最大限に得るためには、疲労困憊になるレベルまで頑張ることが重要・・・という事で、タバタ式トレーニングを実施する際は、常に本気モードで集中して取り組みことが重要と言えそうです!!

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング
田畑 泉
扶桑社
売り上げランキング: 2,700

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. ランニング後の疲労を抜くために大切な「静的ストレッチ」とは?
  2. ストレッチの効果を最大限にするために意識したい4つのポイント
  3. ランのためのサブトレ・メニュー別アドバイス
  4. 体幹トレーニング「BCT」実施の際の「5つ」のポイント
  5. SWAC三重の定番体幹エクササイズメニュー「BCT」とはどんなト…
  6. ランニングでのストレッチの役割
  7. レース直前期のサブトレーニングはどれくらいなら実施しても大丈夫か…
  8. レース前日に念入りにやっておきたいストレッチ

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP