• イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

今の時期は本命レースに向けて、日々追い込んだトレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、実際のところ最も追い込んだ走りができるのはレースという方がほとんどだと思います。

そんな本命レースに向けた練習も兼ねて出場するレースの事を「調整レース」と言います。

そんな調整レースですが、本命レースでない分、どのように位置付けていいかわからない・・・という方は多いのでは。

そこで今回の記事ではアドバンスト・マラソントレーニングを参考に、「調整レース」の目的について詳しく見ていきたいと思います。

調整レースの目的

アドバンスト・マラソントレーニングによると調整レースには、下記2つの目的があります。

1.今までの練習の成果を把握する

2.レースが近づくにつれて誰もが感じる不安を減らす

 

この2つについてさらに詳しく見ていきますと・・・

1.今までの練習の成果を把握する

 本命レースが近づくにつれて、今までの練習によって現段階でどれだけ成長したか知りたい・・・という方は多いと思います。

そんな方が現状の実力を試すためには、レースに出場するのが一番。

練習だと途中でやめたくなる、もしくはやめてしまうようなつらいレースペースでの走りも、周囲のランナーと競い合いながらレースであれば、なんとか最後まで走ろうと頑張るもの。

そんなレースで出た結果なら、どんなきつい練習よりも、現状の実力を把握することができます。

2.レースが近づくにつれて誰もが感じる不安を減らす

誰もが本命となるレースが近づくにつれて、どうしてもいろいろな不安が浮かんできてしまいます。

特にこうした不安がよぎるのはレース3日前くらいから、そしてレース直前の2〜3時間前。

このような不安も調整レースで経験しておいて、ある程度慣らしておけば、本命レースでの不安を軽減させることも可能なはずです。

また調整レースである程度追い込んだ走りができた・・・という経験は大きな自信にもつながり、同じく本命レースでの不安を大幅に減らすことにもつながります。

調整レースはガチで走るのがベストですが・・・

今回の記事で走る調整レースは、手を抜く事なく、今の力を出し切るくらい頑張って走るレースのこと。

ペースを落として走ったりと、全力を出し切らずに調整レースを走っても、上記2つの目的を果たすことはできません。

ただ本命レースまで日が少ない、もしくは疲労が溜まっている・・・といった場合には、絶対無理は禁物。

これから調整レースに挑戦される方も、何より大切なのは本命レースにベストの状態で臨むことである事は、絶対に忘れないよう心がけて調整レースに臨むようにしましょう!!

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 371,422

関連サイトはこちらから
セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事