マラソンレース

本命レースの前に入れておきたい「調整レース」での2つの目的

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

今の時期は本命レースに向けて、日々追い込んだトレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、実際のところ最も追い込んだ走りができるのはレースという方がほとんどだと思います。

そんな本命レースに向けた練習も兼ねて出場するレースの事を「調整レース」と言います。

そんな調整レースですが、本命レースでない分、どのように位置付けていいかわからない・・・という方は多いのでは。

そこで今回の記事ではアドバンスト・マラソントレーニングを参考に、「調整レース」の目的について詳しく見ていきたいと思います。

調整レースの目的

アドバンスト・マラソントレーニングによると調整レースには、下記2つの目的があります。

1.今までの練習の成果を把握する

2.レースが近づくにつれて誰もが感じる不安を減らす

 

この2つについてさらに詳しく見ていきますと・・・

1.今までの練習の成果を把握する

 本命レースが近づくにつれて、今までの練習によって現段階でどれだけ成長したか知りたい・・・という方は多いと思います。

そんな方が現状の実力を試すためには、レースに出場するのが一番。

練習だと途中でやめたくなる、もしくはやめてしまうようなつらいレースペースでの走りも、周囲のランナーと競い合いながらレースであれば、なんとか最後まで走ろうと頑張るもの。

そんなレースで出た結果なら、どんなきつい練習よりも、現状の実力を把握することができます。

2.レースが近づくにつれて誰もが感じる不安を減らす

誰もが本命となるレースが近づくにつれて、どうしてもいろいろな不安が浮かんできてしまいます。

特にこうした不安がよぎるのはレース3日前くらいから、そしてレース直前の2〜3時間前。

このような不安も調整レースで経験しておいて、ある程度慣らしておけば、本命レースでの不安を軽減させることも可能なはずです。

また調整レースである程度追い込んだ走りができた・・・という経験は大きな自信にもつながり、同じく本命レースでの不安を大幅に減らすことにもつながります。

調整レースはガチで走るのがベストですが・・・

今回の記事で走る調整レースは、手を抜く事なく、今の力を出し切るくらい頑張って走るレースのこと。

ペースを落として走ったりと、全力を出し切らずに調整レースを走っても、上記2つの目的を果たすことはできません。

ただ本命レースまで日が少ない、もしくは疲労が溜まっている・・・といった場合には、絶対無理は禁物。

これから調整レースに挑戦される方も、何より大切なのは本命レースにベストの状態で臨むことである事は、絶対に忘れないよう心がけて調整レースに臨むようにしましょう!!

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 371,422

関連サイトはこちらから
セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

関連記事

  1. まだエントリー可能な2015年開催のフルマラソン大会 *9月20…
  2. 全国でも屈指と噂の海の景観を楽しみながら走れる人気大会「下関海響…
  3. 脱初心者ランナーを目指す方の目標タイム
  4. SWAC四日市・いびがわマラソンコース試走を開催(前半)
  5. かもしかマラソンコースで抑えておきたい重要4ポイント
  6. コースはフラットでおもてなしの評価も高いわりにはエントリーしやす…
  7. いびがわマラソン2013(番外編・ランナーを励まし続けた看板)
  8. 2013いびがわマラソン

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP