ケア

フルマラソン直後のクールダウンでの静的ストレッチは実は危険?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

マラソンレースが終わって、翌日に疲労をため込まないために重要なのがクールダウン。

クールダウンと言えば筋肉をじっくり伸ばす静的ストレッチを思い浮かべる方が多いと思いますが、フルマラソンのような激しい運動の直後に静的ストレッチを行うのは実はちょっと危険かもしれません。

そこで今回の記事ではフルマラソン直後のクールダウンのポイントについて見ていきたいと思います。

フルマラソン直後のクールダウンで心がけたい3つのポイント

1.フルマラソン後の静的ストレッチはダメージを広げる可能性も

2.クールダウンはウォーキングのみでもOK

3.まずはアイシングで炎症や痛みを抑えるのが先決

 

その一つ一つについて詳しく見ていきますと・・・

1.フルマラソン後の静的ストレッチはダメージを広げる可能性も

フルマラソンのような身体に大きな負担がかかるスポーツの直後は、筋肉の繊維が過剰に切れるなど、大きな損傷を起こしてしまっている可能性があります。

そんな状態で静的ストレッチをして、無理に筋肉を伸ばそうとすると、ダメージがますます広がってしまう危険性大。

ですのでフルマラソンレース直後は、すぐに静的ストレッチをするのは控えた方がいいかもしれません。

2.クールダウンはウォーキングのみでもOK

ただフルマラソンを走り終えた後、いきなり動きを止めてしまうと、老廃物などの疲労物質を身体の中に溜め込んでしまう事になります。

そこで本来ならいつもの練習と同様、走り終えた後はペースを落としたジョギングで血行を促しながら、疲労物質を体外に放出する意識を持つ必要があります。

・・・のですがフルマラソンを走りきった後は、完全に疲れ切っていて、ジョギングなんて無理・・・という方は多いのでは?

そんな方でもいきなり動くのをやめてしまうと、疲労を体内に溜め込み、疲れを長引かせる結果となってしまうので、10〜15分前後のウォーキングだけでも実施して、疲労物質をできるだけ外に出す意識を持つようにしましょう。

3.まずはアイシングで炎症や痛みを抑えるのが先決

そしてフルマラソン後に、ストレッチの代わりにじっくり行いたいのがアイシング。

痛みの激しい箇所を中心に念入りにアイシングを行い、炎症や痛みをできるだけ早い段階から抑える事を最優先に考えてください。

●参考記事

レース後のダメージを抑えるために大切なアイシング実施時におさえておきたい3つのポイント

静的ストレッチは炎症や痛みがある程度引いてから

そして静的ストレッチを再開すべきタイミングは、レースでの炎症やダメージがある程度引いた1〜2日後からがベスト。

本来なら運動後には必ず実施したい静的ストレッチですが、フルマラソンのような強烈な負荷がかかる運動の後については、できるだけ慎重に行うよう心がけてください!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. ストレッチポールがマラソンに及ぼす3つの効果
  2. スネに鈍い痛みの走る「シンスプリント」とは?
  3. ランニングのパフォーマンスを著しく低下させる「貧血」とは?
  4. 湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策
  5. 疲れ切ったマラソンレース翌日にこそ実施しておきたい3つのこと
  6. マラソンレース中に結構起こりがちな「わき腹痛」への対処法
  7. ランニングシューズ選びのために実は重要な「足のアーチ」の知識
  8. ランニングで生じる身体の歪みを改善するのにもオススメな「ベーシッ…

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP