ランニング

レース1週間前に一度は実施しておきたいドレスリハーサルとは?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

マラソンレース1週間前からは疲労を残さないため、練習量を少なくしていくのが基本です。

ただレース本番で練習での成果を最大限に発揮するために、1週間前(できれば火曜日か水曜日あたり)にオススメしたいのが「ドレスリハーサル」。

ドレスリハーサルとはレース前に本番で身につけるものを着用して走る事で、レースに向けた最後の準備チェックとして、レース目標ペースで短い距離を走っておくだけでも、レース本番に向けて大きな効果が期待できます。

そのドレスリハーサルで身につけておきたいアイテムには下記のものがあります。

ドレスリハーサルで身につけておきたいアイテム

1.ランニングシューズ

2.靴下

3.ウェア

 

その一つ一つについて詳しく見ていきますと・・・

1.ランニングシューズ

マラソンレースはランナーのみなさんにとって大きな晴れの舞台・・・という事でレース用にランニングシューズを新調されている方は多いと思いますが、新調したシューズをレース本番で初めて履くというのは、絶対NGです。

・・・と言いますのも初めて履くシューズはまだ自分の足に全くフィットしていない履き心地が硬い状態で、走っていても違和感があり、なんとも走りにくくなる事が多く、それがレース本番だとすれば致命的にもなり兼ねません。

また履き慣れていない靴で走ると靴ずれになる可能性が高く、フルマラソンで最大の敵になりうる足マメができてしまう大きな要因ともなります。

そこでレース前から何度かレース用シューズで走っておいて、足に慣らしておく事が大切。

そしてシューズが足にフィットしているかの最終チェックの場として、ドレスリハーサルを活用するようにしてみてください。

2.靴下

そしてランニングシューズ同様に、レース前に最低でも一度は試しばきしておきたいのが靴下です。

マラソンレースでマメができる要因には、靴の中での足裏の摩擦によるものが多くあります。

最近はその摩擦防止のランニングソックスがいくつか出ているため、マラソンレース本番ではオススメなのですが、ランニングシューズ同様、新調したものをレース本番で初めて履くというのはNGです。

・・・と言いますのも新品のランニングソックスはノリがついた状態で、足のどこかがすれてしまうリスクがあります。

そこで購入してすぐの段階で一度は洗濯しておいて、ドレスリハーサル時には洗濯でノリが取れた状態になっているかを確認しながら走るようにしましょう。

3.ウェア

シューズや靴下に比べると優先順位は低いですが、レース本番で着用するウェア(着用される方はアームカバーなどのアクセサリーも)もドレスリハーサルで試しておきたいところ。

ウェアを試す一番の理由は、レース本番でかなりよくあるスレ防止。

特に股ずれは結構な可能性で起こりやすいうえ、走りを妨げる大きな要因ともなるため、ランニングパンツ(タイツ)はかならずドレスリハーサル時に着用するようにしましょう。

ドレスリハーサルの実施方法

上記アイテムを着用しながら走るドレスリハーサルですが、その方法についてはアドバンスト・マラソントレーニングにこのように書かれています。

ゆっくり5km走った後に、マラソンレースペースで3km走り、その後ゆっくり3km走る

引用先:アドバンスト・マラソントレーニング

この方法に限る必要はないと思いますが、レース本番に近い動きをするためにも、ドレスリハーサルではレースペースで走っておく事はかなり重要です。

このドレスリハーサルは準備なども結構面倒くさく、ついおろそかにしがちです。

ただレース本番が着用するアイテムのせいでレースが台なしになっては泣くに泣けないとの思いを持って、ぜひレース1週間前(できれば火曜日か水曜日)に一度は行うようにしましょう!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 164,312

関連記事

  1. 三重県屈指の強豪高校「伊賀白鳳高校」に学ぶ長距離トレーニング
  2. ロング走はこんな方におすすめのメニュー
  3. ファルトレクに最適な垂坂公園5キロコース紹介
  4. 伝説のランニングコーチ・故リディアード氏に学ぶ生理学に裏づけられ…
  5. 効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよ…
  6. リディアード式ヒルトレーニングの実施手順
  7. 400mレペテイションX5本
  8. 全日本大学駅伝優勝校「東洋大学」に学ぶ長距離トレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

SWYからのお知らせ

最新記事

Featured Video Play Icon
ウォーミングアップで最優先で実施したい「肩甲骨周り」を動かせるようになるための動的ストレッチ

前回の記事で特に寒い時期には、ウォーミングアップはかなり重要な役割を担います。・・・がウォー…

寒い時期にこそ確認したいウォーミングアップの3つの効果

ここ最近急激に寒くなってきて、走りに外に出るにはかなり億劫な日が多くなりました。そんな寒い日…

フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント

レースも1週間前になると、もはやジタバタしてもほとんど意味はなく、コンディションを整えていく意識が重…

セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!

今日より11月がスタート。セカンドウィンド四日市の活動も、今日より7年目に突入する事となりま…

11月より今度こそはのメンバー限定メニュー動画配信をスタートしていきます

フルマラソンで目標達成するためには、なんだかんだ言っても距離をしっかり走りこむ事が重要。・・…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP