ケア

レース直前期の睡眠の質を高めるために知っておきたい「お風呂での入浴時の3つのポイント」

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

レースが近づけば近づくほど、コンディションを整えるために重要になるのが睡眠。

その睡眠の質を高めるために、実は重要になってくるのがお風呂での入浴です。

そこで今回の記事では睡眠の質を高めるために、お風呂での入浴時に心がけたい3つのポイントについて紹介していきたいと思います。

睡眠の質を高めるための入浴のポイント

1.眠る1時間半前がベスト

2.お湯の温度は冬なら39度とぬるめがオススメ

3.肩までどっぷり浸かる

 

一つ一つについて詳しくみていきますと・・・

1.眠る1時間半前がベスト

眠くなるのは体温が下がる時に感じるものなのですが、良い眠りにつくためには、入浴で一旦体温を上げておくのが効果的です。

お風呂で体温が上がると、血管が広がり、血液の流れがよくなります。

血液の流れが良くなると、身体の熱が外に放出されている状態になり、いったん上昇した体温が自然と下がりやすくなります。

そしていい具合に体温が下がってくるのが1時間〜1時間半前と言われているため、入浴のベストのタイミングは眠る1時間半前がオススメとなります。

2.お湯の温度は冬なら40度とぬるめがオススメ

良い眠りにつくためにもう一つポイントとなるのが、眠る前に気持ちをリラックスさせておく事。

そのためにはお風呂のお湯の温度を40度と、すこしぬるめにしておくと、1日の活動で疲れた体を修復する働きをもつ「副交感神経」を優位にする効果があります。

ただ長く入りすぎると、体温を下げるのに時間がかかり、寝つきが悪くなってしまうため、入浴は15分程度が最適と言われています。

3.肩までどっぷり浸かる

お風呂での入浴がシャワーに比べて効果的な一番の理由は「浮力効果」。

お風呂での入浴時に肩までどっぷり浸かると、身体の重さは浮力によって9分の1ほどになるそうです。

その浮力によって、関節や筋肉の負担が大幅に軽減され、身体全体の緊張をほぐせるとともに、気持ちをリラックスさせてくれます。

レース直前期のお風呂入浴時間は絶対削らないようにしましょう!

夜遅くまで出かけられていた日などだと、睡眠時間を多く取るために、入浴はシャワーだけで済ませてしまおうという方は多いのでは?

ただ睡眠は量だけでなく質も大切で、その質を高めるためにお風呂での入浴はかなり重要。

特にレース直前期には、入浴による疲労抜き効果、そしてリラックス効果もけっして見逃す事ができないという事で、多少面倒でもレース本番3日くらい前からは、必ずお風呂に15分入る時間を確保するよう心がけましょう!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. ランニング時に起こりやすい肉離れとはどんな症状?
  2. ひざの内側が痛む鵞足(がそく)炎とは?
  3. 疲れ切ったマラソンレース翌日にこそ実施しておきたい3つのこと
  4. ランニングのパフォーマンスを著しく低下させる「貧血」とは?
  5. 朝起きた時にかかとに激痛が走ることもある「足底筋膜炎」とは
  6. きついトレーニングを実施した翌日は回復日にあてた方がいい3つの理…
  7. レース前の緊張しているときに注意したい過換気症候群
  8. マラソンランナーにとって理想的な睡眠時間とはどれくらい?

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP