• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

レースが近づけば近づくほど、コンディションを整えるために重要になるのが睡眠。

その睡眠の質を高めるために、実は重要になってくるのがお風呂での入浴です。

そこで今回の記事では睡眠の質を高めるために、お風呂での入浴時に心がけたい3つのポイントについて紹介していきたいと思います。

睡眠の質を高めるための入浴のポイント

1.眠る1時間半前がベスト

2.お湯の温度は冬なら39度とぬるめがオススメ

3.肩までどっぷり浸かる

 

一つ一つについて詳しくみていきますと・・・

1.眠る1時間半前がベスト

眠くなるのは体温が下がる時に感じるものなのですが、良い眠りにつくためには、入浴で一旦体温を上げておくのが効果的です。

お風呂で体温が上がると、血管が広がり、血液の流れがよくなります。

血液の流れが良くなると、身体の熱が外に放出されている状態になり、いったん上昇した体温が自然と下がりやすくなります。

そしていい具合に体温が下がってくるのが1時間〜1時間半前と言われているため、入浴のベストのタイミングは眠る1時間半前がオススメとなります。

2.お湯の温度は冬なら40度とぬるめがオススメ

良い眠りにつくためにもう一つポイントとなるのが、眠る前に気持ちをリラックスさせておく事。

そのためにはお風呂のお湯の温度を40度と、すこしぬるめにしておくと、1日の活動で疲れた体を修復する働きをもつ「副交感神経」を優位にする効果があります。

ただ長く入りすぎると、体温を下げるのに時間がかかり、寝つきが悪くなってしまうため、入浴は15分程度が最適と言われています。

3.肩までどっぷり浸かる

お風呂での入浴がシャワーに比べて効果的な一番の理由は「浮力効果」。

お風呂での入浴時に肩までどっぷり浸かると、身体の重さは浮力によって9分の1ほどになるそうです。

その浮力によって、関節や筋肉の負担が大幅に軽減され、身体全体の緊張をほぐせるとともに、気持ちをリラックスさせてくれます。

レース直前期のお風呂入浴時間は絶対削らないようにしましょう!

夜遅くまで出かけられていた日などだと、睡眠時間を多く取るために、入浴はシャワーだけで済ませてしまおうという方は多いのでは?

ただ睡眠は量だけでなく質も大切で、その質を高めるためにお風呂での入浴はかなり重要。

特にレース直前期には、入浴による疲労抜き効果、そしてリラックス効果もけっして見逃す事ができないという事で、多少面倒でもレース本番3日くらい前からは、必ずお風呂に15分入る時間を確保するよう心がけましょう!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事