リディアード式トラックトレーニングを実施する際の3つのポイント

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

セカンドウィンド四日市では2017年度より青学の原監督をはじめ、多くのランニング指導者がその理論を信奉するリディアード式トレーニングを、練習メニューのベースとしていこうと考えています。

そのリディアード式トレーニングではまず有酸素能力を鍛えスタミナの土台を十分作った段階で実施する事を推奨しているのが、スピードを出して走る無酸素トレーニング。

リディアードのランニング・バイブルではその無酸素トレーニングとして「トラックトレーニング」を推奨しているのですが、そのトラックトレーニングを実施する際にはいくつかのポイントがあります。

そこで今回の記事ではリディアード式トラックトレーニングを実施する際の3つのポイントについて見ていきたいと思います。

リディアード式トレーニングを実施する際の3つのポイント

1.十分な有酸素トレーニングを実施してからはじめる

2.設定より速いタイムで走るのはNG

3.血液phを元に戻しながら実施する

 

その一つ一つについて詳しく見ていきますと・・・

1.十分な有酸素トレーニングを実施してからはじめる

リディアード式トレーニング方法では、何よりスタミナの土台をしっかり作ることが最優先されます。

そのスタミナの土台が十分につくらてていない状態で、どれだけ頑張ってスピードを出して走る練習をしても、レースで頑張って走っても、本来トラックトレーニングに期待できる成果は得られません。

トラックトレーニングはかなりきついトレーニングであるにもかかわらず、そのわりに成果が出ない・・・という事では目も当てられません・・・

そのためトラックトレーニングを導入する前に、まずは有酸素トレーニング・マラソンコンディショニングトレーニングでしっかりスタミナの土台を作る事を最優先にしましょう。

2.設定より速いタイムで走るのはNG

そして十分なスタミナの土台を作ったうえで、トラックトレーニングを始めると、自分がどれだけのスピードで走れるか試したくなり、ついペースを必要以上に上げてしまいがち。

ただマラソンのトレーニングで一番大切なのは、本命となるレースに向けてコンディションを整えて行く事。

そんなレース本番までまだ日がある状態でMAXまでスピードを上げて走ってしまうと、早い段階でピークが来てしまい、本番でコンディションが整わず、ズタボロのレースになってしまう・・・という事になってしまいかねません。

そこでトラックトレーニングを実施する際は、特に導入期はペースを抑え気味に走る事、そして継続して行く中でもあわてず徐々に徐々にペースを上げて行く事で、身体的にもメンタル的にも徐々に成長させていく意識を持つようにして下さい。

3.血液phを元に戻しながら実施する

血液の酸・アルカリ度をはかる数値として血液ph値があります。

その血液ph値は7.0が中性で、それ以上だとアルカリ性、それ以下だと酸性という事になります。

その血液ph値、人の血液は普通弱アルカリ性で7.46〜7.48phを示しています。

ただしトラックトレーニングなどの無酸素トレーニングを行なって体に乳酸が溜まり始めると、血液は酸性に傾いてしまい、きつい練習の後には血液ph値は6.8〜6.9phまで下がってしまい、その状態が続くと身体にいろいろな異変が起こってしまいます。

そこでトラックトレーニングで血液ph値を下げた後は、そのph値を正常な値に戻すために有効なジョギング(本当に疲れている時はウォーキングでもOK)をしっかり行うことが大切です。

またトラックトレーニングを予定している日でも疲れを感じる時は、ph値がまだ酸性の状態になっている可能性が高いため、思い切ってメニューを変更するようにしましょう。

トラックトレーニングも徐々に負荷を上げていく事が大切

マラソントレーニング全般に言える事ですが、トラックトレーニングでも一番大切な事は、徐々に練習負荷を上げて行く事。

特に無酸素トレーニングとなるトラックトレーニングでは、他のトレーニングよりかなりきつい負荷がかかりやすく、疲れが残ってしまいやすく、故障の大きな要因ともなります。

特にスピード自慢の方は、トラックトレーニングになると水を得た魚のようについスピードをガンガン上げて走りたくなってしまいがちですが、徐々に着実に負荷を上げて行くのが一番の成長の近道である事を心得て、トラックトレーニングを導入する事を心がけてください!!

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 54,402

Comments

comments

コメントを残す