セカンドウィンド四日市2017年度年間スケジュール

2017年度からのセカンドウィンド四日市の活動は、下記のように月ごとに強化ポイントを設定して、シーズンごとの強化ポイントに応じた練習会やイベントを開催していきます。

おおまかな1年の流れ

4月〜5月 基礎養成期

主要なレースもひととおり終了する4〜5月の時期は、いったん練習の負荷を落として、その分基礎固めのための練習を重視していきます。

ただしトラックレースやウルトラマラソンなど夏場にかけて目標レースを設定しているメンバーについては、別途目標達成に向けた練習メニューを設定していきます。

6月〜8月中旬 スピード強化期

暑さも増す6月からはマラソンレースでのスピードの余裕度を高めていくために、スピード強化に向けた練習を重視していきます。

また週末練習においては、木陰が多く、体幹まわりの強化など複合的に能力を強化できる不整地練習を中心に、マラソンの土台となるスタミナの養成も継続して行なっていきます。

8月下旬〜10月上旬 走り込み期

そして暑さも多少和らぐ(?)お盆明けからは、フルマラソンに向けての走りこみ練習を重視していきます。

特に今年度は30キロ以上の走りこみ練習も要所要所に取り入れていく事で、メンバーの皆さんの距離への不安を払拭していければと考えています!

10月中旬〜12月上旬 秋レース期

そしてメンバーの皆さんのほとんどが主要レースを控えるであろうこの時期は、レース本番に向けての万全のコンディションをつくる練習を重視していきます。

夏場のうちに養ったスピード、そして初秋の時期に養ったスタミナを総合的に組み合わせた練習を行っていくことで、メンバーの皆さんのレース本番での最高のパフォーマンスにつなげていただきます!

12月中旬〜 走りこみ期

主要レースを終えた12月の中旬以降は、来春のフルマラソンをはじめとしたレースに備えて再び走りこみ練習を重視。

マラソンで最も重要なのはやはり走りこみによるスタミナの土台づくりという事で、年末・年始にかけてしっかり距離を踏んでいただこうと考えています!

メンバーの目標に合わせて練習メニューを柔軟に変更していきます

以上の内容がセカンドウィンド四日市のおおまかな2017年度の流れになりますが、目標とするレースも、強化すべきポイントはメンバーにとって大きく異なってきます。

そのため上記スケジュールはあくまでチーム全体の目安となるスケジュールとして設定し、日々の練習ではメンバーの皆さんの目標に沿う形で柔軟に練習メニューを組み替えていく事で、メンバーの皆さんが最も効率よく目標達成に迎えるようサポートしていければと考えています!!

Comments

comments

●らんしすホームページはこちら 四日市のスポーツクラブ「らんしす」ホームページ ●スポンサードリンク
多田 夏彦

多田 夏彦セカンドウィンド四日市代表

投稿者プロフィール

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。
現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒 
個人ブログはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

まずはお気軽にご参加下さい!

セカンドウィンド四日市のtwitter

●スポンサードリンク




SW四日市のお知らせ

  1. 2017年度からのセカンドウィンド四日市の活動は、下記のように月ごとに強化ポイントを設定して、シーズ…
  2. 早いもので2017年度まで残すところあとわずか。 2017年度からのセカンドウィンド四日市の1…
  3. チーム創立7年目を迎えたセカンドウィンド四日市では、メンバーの皆さんによるより自主的なチーム運営を促…

アドバイス目次

  1. 2016-11-19

    ラントレ・メニュー別アドバイス一覧

    マラソンレースに向けたトレーニングでは、「基礎力」「スタミナ」「スピード持久力」「スピード」の4つを…
  2. 2016-11-18

    ランのためのサブトレ・メニュー別アドバイス

    マラソンの練習は走っている時だけでなく、トレーニング前の準備からウォーミングアップ、そして走り終えた…
  3. 2016-11-17

    ランニングのための食事・栄養素別アドバイス一覧

    マラソンレース、特にフルマラソン・42.195kmの長丁場を走りきるために必要な取り組みはトレーニン…
ページ上部へ戻る